TOMIXが「車両基地レールセット」で、複線間隔を28mmにしてきた。

2017年12月4日 正午の月齢:16.0  月名:立待月  潮汐:大潮 月齢:16.0[立待月] 潮汐:大潮 | 2週間前 | 旧暦:2017年10月17日 | 友引
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

最新の情報ってわけでもないんですけど、TOMIX「車両基地レールセット」(品番91016・価格18,000円(税抜))の話。

車両基地レールセット

(画像はTOMIXウェブサイトより引用)

特徴

  • 5線ある留置線の内4線は線路間隔が今までのトミックスの複線間隔より狭く設定
  • レール同士は簡単確実な接続
  • 構内踏切レールを新規製作
  • 車両基地の昇降台や信号機、洗車機・洗車作業台などのパーツが付属
  • マルチ複線トラス架線柱が付属
  • ポイントレールは合成枕木タイプ手動式、別売りの<0107>ポイントN用駆動ユニット(F)を取付けることで電動化できます
  • エンドレールの標識部分は点灯しません

製品内容

【レール】

  • ストレートレールS140-WP(F)
  • ストレートレールS140-WP(F)(ポイント分岐用)
  • ストレートPCレールS140-PC(F)
  • ストレートPCレールS72.5-PC(F)
  • ストレートPCレールS70-PC(F)
  • 踏切PCレールS35-PC(F)
  • エンドPCレールE-PC(ダミー)(F)
  • カーブPCレールC541-15-PC(F)
  • カーブPCレールC280-15-PC(F)
  • 手動合成枕木ポイントN-PR541-15-SY(F)
  • 手動合成枕木ポイントN-PL541-15-SY(F)

【付属品】

  • ランナーパーツ: ダミーポイントモーター・切換機台
  • ランナーパーツ: ワイドレールジョイント
  • ランナーパーツ: 構内踏切パーツ
  • ランナーパーツ: 車両基地パーツA
  • ランナーパーツ: 車両基地パーツB
  • ランナーパーツ: 車両基地パーツC
  • ランナーパーツ: ホーム端柵など
  • ランナーパーツ: マルチ複線トラス架線柱
  • パーツ: 階段
  • シール: 番線表示など

という盛りだくさんな内容なので、納得の価格。手動ポイントがなんだかなぁ、という声もあるものの、電動だったらさらに高価になってしまうから仕方がないかな。洗浄台や洗浄機などもよくできていて、かなり興味深いものがあります。

で、「5線ある留置線の内4線は線路間隔が今までのトミックスの複線間隔より狭く設定」ということで、ついに複線間隔28mm(正確には27.75mmかな)を公式に使ってきました。この複線間隔を用いたプランはいろいろと考えたことがあったものの結局実行していないんですが、なんていうか、ちょっとやる気が出てきました。これでエンドレールを行灯化して、入換信号機を点灯化したら、ほぼ理想どおりの情景。

複線間隔28mmのデメリットとして、両隣とも車両が留置状態のとき、当該番線の車両を手で持ち上げられない(いわゆる「神の手」が発動できない)という問題があるのですが、そんなに大きな問題ではないですね。

今後のモジュールづくりの動機づけになる商品なのでしたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2017/12/tomix28mm.html/trackback

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ