TOMIX 南部縦貫鉄道キハ10形レールバスの集電を向上させてみた。

2017年12月16日 正午の月齢:28.0  月名:二十九日月  潮汐:大潮 月齢:28.0[二十九日月] 潮汐:大潮
12か月前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

買った当初は快調に走ったものの、すぐに走らなくなったTOMIXの南部縦貫鉄道キハ10形レールバス。しばらくぶりに動かしてみたくなりました。

キハ10イメージ

1両は、買ってすぐにモーターが回らなくなって、モーター抜きの付随車状態ですので、もう1両のみを走るようにするのが目的です。屋根の上を指で押すと電気が来るのですが、指を離すと電気が来なくなるようで、どうも各接点部分の接触が不安定なようです。とりあえず分解してみます。

キハ10の分解

車体枠や基板が経年で少しずつ反って、車軸からの端子板と帯状の端子板などにごくわずかな隙間を作っていたようです。もうこの際なので、接触による集電と決別して、より確実に給電できるようにケーブルを直結することにしました。

端子にはんだ付け

0.15mmポリウレタン線を端子板にはんだ付け。

モーターにはんだ付け

モーターの端子にもケーブルをはんだ付け。

ケーブルの結線

基板からもはんだ付けしたケーブルを出して、それらすべてをつないでしまいます。

走行テスト

さすがに線路・車輪間と、車軸ピボット部分は接触によるしかないのですが、その他の部分はガッツリ電気が流れるようになって、快調に走るようになりましたー。

KATOカプラー実装

余談ですが、TNカプラーをやめてKATOカプラーにしてあります。このおかげで、ミニカーブレールC140を2両編成で走ることができるのでした。

前の記事・次の記事

前の記事
次の記事

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2017/12/tomix-kiha10railbus.html/trackback

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ