スーパーカブ90のヘッドライトをLEDに交換してみた。

2017年10月14日 正午の月齢:24.3  月名:二十五日月  潮汐:長潮 月齢:24.3[二十五日月] 潮汐:長潮 | 1週間前 | 旧暦:2017年08月25日 | 友引
スーパーカブ | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

スーパーカブ90(HA02)のエンジンをかけてもライトがつかなくて、走り始めたらついたり、ライト付近にビンタしたらついたりといった現象が続きました。けど、走り始めたら点灯するので球切れじゃないし、エンジンをかける前にニュートラルランプが煌々と光るのでバッテリーでもない。というわけでライトの部分を外してみると、ソケットがぷらぷらでした。

よく見るとソケットの3か所の爪のうち2か所が削れたのか溶けたのかはわからないのですが役に立っていない状態。何度か取り付けようとしたものの全然ダメで、どうやらソケットごと交換するしかないようです。このソケットの値段が安くない。で、どうせだったらLEDにしてみようということで、さっそく合うモノを探しました。

amazonで見つけた「【RAYD】レイド LEDヘッドライト 原付 交流取付可能 Hi/Lo 15W/8W 切替機能有 PH7/PH8/H4 9699」というモノ。交流も大丈夫なので、スーパーカブでも使えます。実際に届いた品物は、LEDドライバの部分が丸みを帯びたプラスチック製でした。

試しに、鉄道模型のコントローラーで点灯させてみたらまばゆい光をまき散らします。これは期待できそう。ところが…

放熱部分がデカい。こんなに大きいの入らないよぉ。ムリヤリ入れてみようとしましたが到底ムリでした。メーターのどこかに確実にぶつかっています。

これくらい放熱板を削ってみたのですが、んーまだ入らない。ファンが露出するぎりぎりまで削ってみます。

削りすぎて指が痛い。これでなんとか入りそうです。いろいろな配線を圧迫しているような感触は残っているけど。

ギボシ端子で配線をつないで、向かって左奥のほうへLEDドライバを押し込んで、できるだけケーブルたちを上下左右に振り分けて、ライトユニットが入る空間を作ります。多少の反発力は残るものの、なんとか収まるので、ライトを手で押しながらすばやく2か所をネジ止めしてライトを固定しました。

もうね、スーパーカブの出すべき色じゃない光。レンズが黄ばんでいることもあって、わずかに緑色がかった白い光です。

とにかく明るくて、こんな山の中でも安心して走れます。かごに反射した光がまぶしいほど。今までの電球は暗くてぼやーとしていたのでずっとハイビームで走っていたのですが、これはこまめに減光しないと対向車に大迷惑。

結果は大満足。費用対効果を考えると、やって良かったというか、ぜひやっておくべき改造ですね。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2017/10/supercub-led.html/trackback

消防カブ(スーパーカブC50)にもベトナムキャリアを取り付けてみた。

2017年10月7日 正午の月齢:17.3  月名:居待月  潮汐:中潮 月齢:17.3[居待月] 潮汐:中潮 | 2週間前 | 旧暦:2017年08月18日 | 先勝
スーパーカブ | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

90ccのスーパーカブにベトナムキャリア(弁当キャリア)を取り付けて、見た目と実用性の向上を実感したので、50ccのカブにも取り付けることにしました。ただし、同じ形ではおもしろくないので、いわゆる一般的にベトナムキャリアと呼ばれているものにしてみました。ここ最近お世話になりっぱなしの東京堂のモノです。

荷物を「載せる」という感じではなく、どうしても「くくりつける」ようにしか活用できなさそうですが、乗り降りの際のレッグシールド汚損防止にも一役買ってくれそう。

色褪せた車体とは対照的に、燦然と輝くベトナムキャリア。長距離ツーリングに行くときにはきっと役に立つはず。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2017/10/supercub50-vietnamcarrier.html/trackback