「トワイライトエクスプレス瑞風」一番列車を見てきた。

2017年06月17日 正午の月齢:22.7  月名:弓張月(下弦)  潮汐:小潮 月齢:22.7[弓張月(下弦)] 潮汐:小潮 | 5か月前 | 旧暦:2017年05月23日 | 先負
鉄道写真 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

「瑞風は移動手段じゃなくて、金持ちのためのアトラクションだからあまり興味ない。」と嘯いていたものの、やっぱり気になったので、とりあえず見ることにしました。

場所は山崎-長岡京間。見れたらいいやと思っていたので、深く考えずに場所を選定。

新快速や快速、普通。「くろしお」、「サンダーバード」と続々と通り過ぎていきます。そろそろ時間かなと思っていた矢先、ヘリコプター2機が上空を飛んできました。「ヤツが来たな。」

そう思ったのもつかの間、下り外側線には「はるか」が。と同時に上り線に「トワイライトエクスプレス瑞風」。

「トワイライトエクスプレス瑞風」一番列車

電車でもなく客車列車でもない、独特な音を響かせて、「瑞風」が姿を現しました。でもすぐに…

「トワイライトエクスプレス瑞風」と「はるか」がかぶる

こんなことに。そしてすれ違った後、

「トワイライトエクスプレス瑞風」京都へ

残り香を堪能しました。

ま、廃止される列車じゃなくて、これからいくらでも見れるので、そんなにショックではなかったです。先代の「トワイライトエクスプレス」のほうが、実は走行写真を1度も撮ったことがなくて、そっちのほうが心残りだったりします。

デザイン的には、銀河鉄道999に出てくる「ベガラス3号(333)」みたいで、嫌いじゃないかな。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2017/06/twexmizukaze.html/trackback

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ