TOMIX 193系クリーニングカーを入手したので、ちょっといじってみた。

2017年05月20日 正午の月齢:24.0  月名:二十五日月  潮汐:長潮 月齢:24.0[二十五日月] 潮汐:長潮 | 4日前 | 旧暦:2017年04月25日 | 仏滅
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

ずっと欲しかったTOMIXの92007国鉄193系クリーニングカーセットをただで入手することができました。伝説のヤスリ車輪を持つ、あの193系です。

クリーニング台車は、まさに100円ライターのあの部分のような手触り。マイクロエースのクリーニングカー、マヤ34の砥石台車よりさらに凶暴です。

ということで、昔のステンレス製レールならともかく、今の洋白製レールに対しては侵襲性が高すぎるので絶対に使うことはできません。実験として使ってみたい気もするけど…やめときます。

さて、いつもどおり少しいじります。まずはパンタグラフの塗装から。

下枠交差型のPS102も、いつもどおりミッチャクロンのあとに普通に塗装しました。

次は、連結器。アーノルトカプラーからKATOカプラー密連にするのですが…

シャンクの長いアーノルトカプラーを外して、カトカプを入れてみると、やっぱり短すぎます。そこで、連結器を伸ばしてみることにしました。

瞬間接着剤で固めて、カプラーのパーツがバラバラにならないようにしてから元々のT字部分を削り、お尻の部分にプラ板を貼ってみました。けど、強度的な不安・プラ板が少しでも斜めになっていたら連結器も斜めになる・元々のカプラーの軸が太くてスムーズに動かない、という3つの欠点があったので作戦を変更します。

まずKATOカプラーをシャンクの付け根部分でちょん切って、密連部分のパーツとジャンパ線部分のパーツがばらばらにならないように瞬間接着剤で固めます。次にシャンクは元々のアーノルトカプラーのものを使います。長さを整えて、まっすぐになるように接着したら、接合部周囲を光硬化パテで肉盛りして強度を高めました。

シャンクの長さが思い通りになるおかげで、理想的な長さを出すことができました。バネによる緩衝効果も高いですよ。逆にぐにゃぐにゃして連結しにくいケド。

もう少し間隔を短くすることもできるのですが、いろいろな場面に対応できるようにちょっと広めにしています。とりあえず、これで改造第1弾は完了です。他にはヘッドライトやテールライト、検測用ライトの点灯化もしてみたいけど、たぶんやらないだろうなぁ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

TOMIX EF81(スーパーエクスプレスレインボー色)の連結器を交換した。

2017年05月13日 正午の月齢:17.0  月名:居待月  潮汐:中潮 月齢:17.0[居待月] 潮汐:中潮 | 2週間前 | 旧暦:2017年04月18日 | 先負
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

前回のEF64といっしょにわが家に来た、スーパーエクスプレスレインボー色のTOMIX EF81。同様に台車から連結器が生えているタイプなので、同様の加工をしてKATOカプラーに換装します。

と、その前に。

何だか妙に、車輪の銀色感が気になって気になって…。EF64のときは気にならなかったんですけど。まるで銀色の円盤がついているみたいな感じに思えてきました。まずはここを改善しよう。

台車をばらして、車輪の円盤部分(?)にフラットブラックを、レッツ・ラ・ぬりぬりー。簡単な作業ですね。

このように、かなり落ち着きました。もちろん、画像の左側が加工前の車輪。右が加工後。

どうです、ちょっと黒く塗っただけで、足元が引き締まりましたよ。

続けて、碍子に色を塗りました。EF81らしさがぐんぐん上昇していきます。ところで側面の車番、片側だけEF81 95ではなく93なのです。EF64のユーロ機も片サイドだけ車番が違ったなぁ。ま、あまり気にしないです。ちょっと気にしてるケド。もらいものの宿命ですね。

EF64と同じ方法で66ナックルを取り付けたところ、ちょっと高さが低いようです。不安なので、ナハフ11かもめナックルカプラーに交換してみました。

これなら大丈夫。車輪もギンギラギンじゃなくてさりげなくいい感じ。

これも連結器の下のスポンジがグレーのままですが、黒く塗ったらより引き締まってくれました。今回もローコストハイリターン。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

TOMIX EF64(ユーロライナー色)の連結器を交換した。

2017年05月6日 正午の月齢:10.0  月名:十日余の月  潮汐:若潮 月齢:10.0[十日余の月] 潮汐:若潮 | 3週間前 | 旧暦:2017年04月11日 | 友引
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

人から人を渡り歩いてわが家にやってきた、ユーロライナー色のTOMIX EF64。品番2188って、かなり古いかな。古くても気持ちよく走ってくれればいいんです。ユーロ色の電気釜ってだけで満足っス。

とはいうものの、KATOカプラーにしないと客車と連結できないので、カプラーを交換してみます。最近の車両のようにスカートにくっついているのではなく、台車から生えているタイプ。

よく見ると、ヘッドマークの位置も下すぎるし、いろいろと問題を抱えていそうな予感がします。

車体から台車を外し、EF66前期形ナックルカプラーを用意しました。カプラーを構成する2つの部品がばらけないように、少量の瞬間接着剤で固めてしまいます。ナックルはパカパカと開かなくなってしまいますが、走行中に解放するよりずっと安心。

もともとついていたMカプラーを外します。KATOの車両ケースのスポンジを小さく切って、高さ調整のスペーサーにすることにしました。雑な加工ですが、この弾力性がなかなかイケるんです。

カプラーが収まる部分の、上面から0.9mmピンバイスで穴あけ。下まで貫通させます。

6mmの釘を使って、上からカプラーとスポンジを串刺し。スポンジが適度な締まり具合で釘を離さないので、別に接着剤を使わなくても大丈夫。まず抜けません。

下の処理ですが、ぎりぎり釘の先が顔を出しているものの、皮膚を傷つけるほど飛び出しているわけでもなく、もうこれで十分。ホントに串刺しにしただけなのです。

この段階で、いくつかの車両と連結させて確認しましたが、高さは概ね問題ありませんでした。押し当てての連結も、KATOカプラー相手だとKATOカプラー側のナックルが開いてくれるので、全然問題ありませんでした。それでは加工を続けましょう。

スカートは、そのままでは台車の旋回に支障があるので、現物合わせで削っていきます。

連結器の下から見えるグレーのスポンジは、このあと黒く塗ったら全然目立たなくなりました。ヘッドマークの位置がおかしかったと冒頭に書きましたが、以前の接着剤の跡が少し残るものの、色のハゲ部分にフラットブルーを少し色差しするだけでかなりマシになったようです。まぁ細かいところにケチを付け出すと、どうしようもないので。おおらかな性格の自分をほめてあげたい。

ついにEF64でユーロライナーを牽引することができましたー。イヤッホー!

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>