KATO EF15(旧製品)に車間短縮ナックルカプラーをつけてみた。

2017年03月11日 正午の月齢:12.9  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.9[十三夜] 潮汐:中潮 | 5か月前 | 旧暦:2017年02月13日 | 友引
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

3008 KATO EF15形の旧製品ですが、車体の塗装にざらつきがあって、どうやら再塗装されているっぽい。けど、もらえるものは何でももらうので、ありがたく頂戴した車両です。

アーノルトカプラーからカトーカプラーに交換し、その後かもめナックルに交換したのですが、この車両にはひとつ課題がありました。

連結相手によっては、かなりカプラーの位置が低くなってしまうんです。かろうじて引っかかっているという感じ。このため牽引する車両が限定されていてちょっと寂しかったわけです。それからかもめナックルの見栄えはかっこいいのですが、シャンクが長くて連結器だけビローンと飛び出ている感じ。

これを解決したいなぁ。

連結器の下にシムでもかまして高さを上げようとも考えたのですが、連結器のビローン感は解消されないのでどうしたものかなと考えていたところ、車間短縮ナックルカプラーが再販されたようなので試してみることにしました。

交換方法は、連結器下側のパーツを外して、連結器を入れ替えるだけなので省略しますね。

結果はこのとおり。いい高さが出てくれました。

ビローン感は、

このとおり、かなり落ち着いています。細かい外観は劣るものの、バランスとしては格段に車間短縮ナックルカプラーのほうが上!

ついでに、動力ダイカストの銀色が窓から目立っていたので、黒マジックで塗りつぶしてみました。

で、ボディーをかぶせると、

むはー。コストほぼ0で効果バツグン。

これでいろいろな貨車を存分に牽引できそうです。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2017/03/shorteningcoupler-ef15.html/trackback

鬼畜! 超絶ブラック!!! 津川洋行 デキ3にシキ600とシキ800とシキ1000×3両を牽引させてみた。

2017年03月4日 正午の月齢:5.9  月名:六日月  潮汐:中潮 月齢:5.9[六日月] 潮汐:中潮 | 6か月前 | 旧暦:2017年02月06日 | 先勝
鉄道模型 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

今宵も超かわいいデキ3にサディスティックな業務命令。津川洋行の「銚子電鉄 デキ3」電気機関車にシキ600とシキ800とシキ1000×3両を牽引させてみたいと思います。

でも、どちらかというと、デキ3は牽引よりも貨物として積載されているほうが似合う気がする。

ちなみに編成はこんな感じになりました。実に残酷です。かわいそー。

それでは、貨車64軸+機関車非駆動軸1軸=65軸を従えて、駆動軸1本で動かすその姿を動画でどうぞ。

モーターのトルクの関係で、定格ギリギリの5Vで走らせています。これがゆっくり走ってくれたらもっと面白いんだけどなぁ。積車状態の大物車はゆっくり走らせるほうがいい味でるからね。あーそうだ、シキ1000の積み荷も作ろうとしてそのままだったなぁ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2017/03/d3s600s800s1000x3.html/trackback