TOMIX 485系スーパー雷鳥の架線電圧検知アンテナを直してみた。

2016年12月30日 正午の月齢:1.2  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.2[二日月] 潮汐:大潮 | 4か月前 | 旧暦:2016年12月02日 | 先勝
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

亀師匠からいただいたTOMIX 485系スーパー雷鳥。久しぶりに箱から出してみたら、架線電圧検知アンテナが今にも取れそうにプランプランしていました。この車両をもらったときから怪しかったのですが、ついに寿命のようです。このままではちょっとアレなので、やさしく切除してあげました。

アンテナなしっていうわけにもいかないので、0.4mmすずめっき線を使って修復。三角錐の上に穴をあけるのはなかなか大変でしたが、金属製に生まれ変わったアンテナを差し込んで塗装をすると、違和感なく仕上がってくれました。

逆エンドの先頭車、ヘッドマークもなくとても寂しい感じだったので、Illustratorでヘッドマークを作ってみました。4mm×3mmでぴったり。

モーター車から変な音がしていたので、少しグリスアップをしてメンテナンス終了なのです。

そのうち、今年のマイブームであるサボや方向幕チューンを施してあげることにしましょう。って、今年ももう終わるナァ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ