続けてMICROACE シキ800を入手、ちょっといじりました。

2016年10月9日 正午の月齢:8.5  月名:九日月  潮汐:小潮 月齢:8.5[九日月] 潮汐:小潮 | 2か月前 | 旧暦:2016年09月09日 | 大安
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

シキ600によってすっかり大物車収集癖ステージⅣになってしまいました。もう抑えきれなくてシキ800もヤフオクで落札。

800-01

シキ800はいろいろな梁を持っているようですが、C梁の姿がシキ800らしいかな。

800-02 800-03 800-04 800-06

シキ600同様、細かい部分まで作りこんであって好印象です。特に端のほうの表現が細かくて、ぐっときます。

800-07 800-08

これもアーノルトカプラーからKATOカプラーに交換します。シキ600よりはマシですが、やっぱりぐにゃぐにゃしてやりにくいなぁ。

800-10 800-11 800-12

シキ600と同じく、連結器が低いので、心皿の部分に細工します。心皿のど真ん中ではなく、周囲に0.5mmプラ板で心皿受けを作成しました。あ、解放テコが壊れてる。あとで直しましょう。

8000800-01

高さもバッチリ。ここでちょっと、ヨ8000の加工についてもご紹介しますね。と言っても、連結器くらいなのですが。

8000-01

アーノルトカプラーから、

8000-02 8000-03

最後尾はかもめナックル、その他はカトカプに換装。

8000-04

1両だけ、ブレーキのハンドルが取れていて結構ショック。ただ、箱の中の緩衝材を抜いてくまなく探すと、取れたハンドルを発見! 接着剤で固定して元の姿に戻りました。

800-14

シキ600同様、かなり内側にはみ出ます。走る線路を選びますねぇ。

8006008000-01 800600-07

大物車の並列。これこれ。これを見たかったんですよ。

8000-05

というわけで、シキ800のオーナーになりましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ