文化展合同レイアウト2016(その30)・[4枚目のボード]海をつくる。

2016年06月6日 正午の月齢:1.4  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.4[二日月] 潮汐:大潮 | 6か月前 | 旧暦:2016年05月02日 | 赤口
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

それでは海の続き。防潮堤を作ります。そのために計画からはみ出た木粉ねんどをサクサクとカット。

ex2016-30_01

次に厚紙で防潮堤を形成します。

ex2016-30_03 ex2016-30_04

ここも気合を入れずにサクサクと。

ex2016-30_05

シンプルすぎる気がしないこともないですけど、防潮堤の完成です。接着剤の乾燥が落ち着いたら、塗装。

ex2016-30_06

削りすぎた地面を再び木粉ねんどで埋めたら、カラーパウダーで仕上げます。慣れたもので、これくらいの面積だったらすぐにできちゃいます。いやもうホント時間ないんで。

ここからは海の表現。材料も大したものを持っていないので、技術で海らしく見せなくてはなりません。まずは爪で引きちぎったスタイロフォームの破片を貼り付けて、水で溶いた石膏をボードの端から垂れないように流します。

ex2016-30_07

石膏は固まり始めると早いので、タイミングを見ながら…

ex2016-30_08

固まりきらないうちに、ガラス棒で表面をポコポコとたたいていきます。そうすると石膏の表面が凸凹してきました。乾いたら、ミディアムブルーで塗装します。濃いところや薄いところを作ってムラムラに塗ってしまっていいです。

ex2016-30_09

塗装がだいたい乾いたら、スタイロフォームを黒に近いグレーで塗装。磯っぽくしてあげましょう。海面には木工用ボンドをたっぷりと塗ります。

ex2016-30_10

木工用ボンドが乾かないうちに、消波ブロックを置いていきます。まずはこんな感じで。

ex2016-30_11

別の形のものも使ってみました。これもこんな感じで置いていきます。木工用ボンドが落ち着いてきたら、角度を変えて消波ブロックを重ねるように貼り付けます。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ