文化展合同レイアウト2016(その21)・[2枚目のボード]過去のモジュールをリサイクル。

2016年01月23日 正午の月齢:13.4  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.4[待宵月] 潮汐:大潮 | 2年前 | 旧暦:2015年12月14日 | 先勝
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

建物を2つほど用意しましたが、足りない。買いに行く時間もお金もアレなので、前々回の文化展の作品をドナーとして取れるものを取ることにしました。

ex2016-21_01

カント付きS字曲線がクセモノで通れない車両もありましたが、いろいろと新技法に挑戦した意欲作でもありました。摘出の前に、何枚か撮っておきましょっと。

ex2016-21_02 ex2016-21_03 ex2016-21_04

それでは摘出します。

ex2016-21_05 ex2016-21_06 ex2016-21_08

半日かけて、取れるものはすべて取りました。レールは電圧降下対策・ジョイント部分の急激な勾配変化回避のためすべてはんだ付けしてロングレール化しているので再利用もできないし、もう廃棄するしかないですね。もしほしい人がいれば、無料で譲るんですケド(送料は負担してネ)。

ex2016-21_09

これで終わりではありません。まもなく新たなモジュールとして生まれ変わるのですよ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2016/01/ex2016-21.html/trackback

文化展合同レイアウト2016(その20)・[2枚目のボード]湯治場と土産物屋を作りこむ。

2016年01月21日 正午の月齢:11.4  月名:十二日月  潮汐:中潮 月齢:11.4[十二日月] 潮汐:中潮 | 2年前 | 旧暦:2015年12月12日 | 大安大寒
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

ようやく2枚目のボードに着手します。1枚目のボードは「山」でいきましたが、2枚目のテーマは「温泉街」。さてさてうまくできるかな。

温泉街にもいろいろなタイプがありますが、今回はなるべく地味な温泉街にしたいと考え、「温泉宿D(湯治場)」「土産物屋A」を入手しました。2年前と同様、建物にはできる限り照明を仕込むことにします。

温泉宿D土産物屋A

まずは湯治場。干してあるタオルですが、あまりにも塊感がありすぎるので、1mmプラ角棒にコピー用紙で作ったタオルを接着しました。

ex2016-20_01 ex2016-20_02

次に窓ガラスを貼り付けていくのですが、うーん狭い。あまり深く考えずにペタペタと貼っていきます。

ex2016-20_03

それでは照明をつけていきましょう。玄関は白色で蛍光灯っぽく、館内は電球色で温かみを出すことにしました。2年前は全部チップLEDを使ったのですが、今回は作業性&老眼の進行という事情もあり、チップ率を下げて砲弾型を主として使います。

ex2016-20_05

拡散キャップをはめると、指向性が下がっていい具合に室内を照らしてくれるのです。ピンバイスで配線の穴をあけ、LEDを付けます。

ex2016-20_04 ex2016-20_06

なるべく薄暗くてひなびた感じを出すために、2個(玄関と館内)のLEDを直列にして抵抗は2kΩ入れたのですが、これでも屋根や壁を通過して光が漏れるので、アルミテープで室内の壁を徹底的にシールドしました。これに時間を取られたのはとっても痛い…

ex2016-20_07

室内は電球色のLEDですが、さすがに廊下とお風呂に隔たりがないのはおかしいし、お風呂まで作りこんでいないので中を見られたくないという妙な羞恥心もあって、緑色のカーテンをつけました(緑色の買い物袋を利用)。ちょうちんを光らせることも考えたのですが、チップLEDをうまく仕込む方法が思いつかなかったのでボツ。

次に土産物屋に取り掛かります。

ex2016-20_08

看板シールを直接壁に貼るのはさすがにおかしいので、0.5mmプラ板に貼ったものを壁に取り付け。付属のステッカーを使って、のれんを作りました。次は袖看板です。もともと付いているものはいわゆる行灯のように看板内部から照らすタイプを表現しているのですが、せっかくだから光らせてやろうじゃないの、ということで光らせることにしました。チップLED、いきます。

ex2016-20_09

いくつか作り置きしていた配線済みのチップLEDを、顕微鏡をのぞきながらはんだ付けし直します。それを幅1mmのプラ板に電線が通る穴をあけ、取り付け。

ex2016-20_10 ex2016-20_11

付属ステッカーに袖看板用のものがあったので、その大きさに合うように箱を組み上げてステッカーを貼ります。行灯ぽくなってきましたよ。

ex2016-20_12

看板内部はボンドGクリヤーを充填しています。気泡が光の拡散に有効かなと考えて。もともとの看板とほぼ同じ大きさ。

ex2016-20_13 ex2016-20_14

本来の看板取り付け穴を隠すために、余っているステッカーを使いました。2mmプラ丸棒を2mmの長さに切り、中央に穴を開けて電線を通します。そして看板に接着。それを配線穴加工した壁に取り付けて完成。店内は電球色の砲弾型LED、それに袖看板のLEDと直列にして、1kΩの抵抗とともに配線。

ex2016-20_15

こんな感じになりましたー。満足度は高いけど、時間かかりすぎだぁっ!!

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2016/01/ex2016-20.html/trackback

文化展合同レイアウト2016(その19)・[1枚目のボード]細部のタッチアップ。

2016年01月15日 正午の月齢:5.4  月名:六日月  潮汐:中潮 月齢:5.4[六日月] 潮汐:中潮 | 2年前 | 旧暦:2015年12月06日 | 大安
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

次のボードに取り掛かろうと思ったものの、やっぱり完成させたものがないとちょっと不安なのでやりきってしまいます。まずは道路周りの処理から。

ex2016-19_01

ガードレールの設置とライン引き。これだけでちゃんと道路になってくれます。

ex2016-19_02

道路標識を作ります。このあたりのデータは以前作ったものがたっぷりあるのですぐに作れてしまうのです。0.5mm真鍮線に貼り付けて、白く塗ればできあがり。道路から標識までは少なくとも1.8mつまり模型換算で12mmが必要なので、地面に埋める部分を考慮すると思いのほか長くなります。

ex2016-19_03 ex2016-19_04

さっそく取り付けてみました。山道っぽくなってきたきた。暫定的に完成です。これでちょっと気がラクになりました。

ex2016-19_05

今日はまだまだ時間があるので、この機会に他のボードとの接続部分を作っておきます。

ex2016-19_06 ex2016-19_07

ボードにどんな情景を作るのか、全然具体化していないのですが、とりあえずトンネルのモジュールに合わせてカラーパウダーを撒いておきます。

ex2016-19_08 ex2016-19_09

完全に同じというわけにはいかないのですが、どのボードを隣に持ってきても違和感なくつながるようにしました。いろいろな組み合わせができるときっと楽しいはず。

ボードの接続を作りこんだら、トンネルの仕上げ。ただの穴ではトンネルらしくないので、ちょいちょいとパーツをつけてみました。ぐっとトンネルくさくなったでしょ?

ex2016-19_10 ex2016-19_11

今までのストラクチャー(おもに駅名標)に子供の名前を使っていたので、今回も同様に子供の名前を使うということで、トンネルの名前を「翼第2トンネル」にしてみました。フェンスは1mmプラ棒で組んで網戸用の網を使っています。接着力に不安はあるものの、ボンドGPクリヤーだったら大丈夫かなと思って。

1枚目のボード、とりあえず完成です。あと3枚…1枚あたり10日で作らなきゃ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2016/01/ex2016-19.html/trackback