文化展合同レイアウト2016(その22)・[2枚目のボード]温泉街を作る。

2016年01月28日 正午の月齢:18.4  月名:寝待月  潮汐:中潮 月齢:18.4[寝待月] 潮汐:中潮 | 10か月前 | 旧暦:2015年12月19日 | 赤口
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

いよいよ温泉街に取り掛かります。以前のモジュールから摘出した温泉宿A・Bに加え、新たに購入した温泉宿Cを使って、温泉のある風景を再現していきます。ま、結論からいうと温泉宿Aは使わなかったんですけどね。

ex2016-22_01

温泉街といえば川。ボードにのこぎりを入れて川を作りました。細部の表現は後回しにします。

ex2016-22_02 ex2016-22_03

一番広い部分にはダンボールを重ねて木粉ねんどで整形し、湯治場と土産物屋を置きました。

ex2016-22_05

踏切と川の間には温泉宿Cを設置。もちろんアルミテープで遮光してLEDを仕込んでいます。1階は白色、2階以上は電球色にしています。

ex2016-22_04 ex2016-22_07

曲線内側の広い場所には温泉宿B。これも遮光して照明を組み込んだのですが、すでに組みあがった建物に遮光処理するのが大変でした。全館光っているのも不自然なので、1階と3階の一部が光るようにしています。

ex2016-22_06

踏切手前の狭いスペースにはお茶屋を設置。

ex2016-22_07

なんとか建物の配置が終わりました。あとは風景の作りこみです。

 

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ