文化展合同レイアウト2016(その15)・[1枚目のボード]スタイロフォームで山を作る。

2016年01月6日 正午の月齢:26.1  月名:二十七日月  潮汐:中潮 月齢:26.1[二十七日月] 潮汐:中潮 | 11か月前 | 旧暦:2015年11月27日 | 先勝小寒
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

ホームセンターで買ってきた30mm厚のスタイロフォームを木工用ボンドで積み重ねていきます。この面積の中で山を完結させられるかどうか自信ないなぁ。

神の扉あたりも作りこんでおきます。サインペンで丸を3箇所描いていますが、これは位置決め用のダウエルピンになる予定。

ex2016-15_01

カッターでダウエルピンを切り出しました。3箇所も必要なかったかなぁ。

ex2016-15_02

次に重ねる層にピンを接着。ボンドだけだと完全乾燥まで時間が掛かり、とても待てないので、両面テープも併用しています。

ex2016-15_03

神の扉の部分は、テーパーを付けつつ少し小さめにしておきます。内壁の高さと干渉する部分はあらかじめ削っています。

ex2016-15_04

神の扉を次の層に接着しました。

ex2016-15_05

さらに上の層を重ね、ある程度乾燥したらザクザクと削って造形していきます。

ex2016-15_06

尾根と谷を深めに作って、単調なボタ山にならないように心がけました。とはいうものの、ボード面積の都合でちょっとムリしている部分もあるんですよねー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ