文化展合同レイアウト2016(その11)・バラストを塗装する

2015年11月27日 正午の月齢:15.8  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.8[満月] 潮汐:大潮 | 1年前 | 旧暦:2015年10月16日 | 先勝
In 鉄道模型 | 文化展合同レイアウト2016(その11)・バラストを塗装する はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は1年以上前のものです。情報が古い場合があります。

線路系作業の総仕上げとして、バラストを塗装します。もちろんエアブラシなど持っていないので、いつもどおり缶スプレーでそれっぽい色を吹くだけです。

タン・レッドブラウンなど画像に写っているもののほかに、ガルグレー・ウッドブラウンなど使えそうな色は全部使います。

ex2016-11_02

で、4枚並べて適当にプシュー。濃くなりすぎたら、薄めの色で再び重ね塗り。直線区間だったら手を横に動かして吹くだけですが、カーブに合わせてサッと吹くのはほぼ不可能。とても難しいのでした。

ex2016-11_01

あまり濃い茶色にならないように心がけつつ、直線よりは茶系の色を増やしました。どうしても気に入らなければ、また別の色を重ねます。

ex2016-11_04 ex2016-11_03

少々地味な仕上がり具合ですが、パステルやドライブラシ等でいくらでもあとから色を乗せられるのでこれくらいにしておきましょう。次にレールの側面をフラットブラウン筆塗り。そしてレール踏面の研磨。

ex2016-11_05

バラストの粒の大きさが狙い通りの表情を見せてくれます。架線柱も立ててみました。

ex2016-11_06

おもちゃっぽさは消えたかな。残された時間は3ヵ月もありませんが、ようやく本格的な制作に取り掛かれそうです。ホントは架線柱の碍子の色を白く塗って、饋電線の高さあたりに橙色の帯を塗りたいんですけどね。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。