文化展合同レイアウト2016(その3)・バラストの調律

2015年10月24日 正午の月齢:11.5  月名:十二日月  潮汐:中潮 月齢:11.5[十二日月] 潮汐:中潮 | 1年前 | 旧暦:2015年09月12日 | 友引霜降
In 鉄道模型 | 文化展合同レイアウト2016(その3)・バラストの調律 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は1年以上前のものです。情報が古い場合があります。

どのバラストを使うか決められないまま時間が過ぎてしまいました。前回も書きましたがTOMIXライトグレーは粒の大きさにかなりばらつきがあり、中にはちょうど良いサイズもあるのです。

じゃあ、大きなサイズだけ取り除いたら…

そんなわけで作りました。ファイントラックバラストローパスフィルター。

ex2016-03_01

缶スプレーのふたに24メッシュの網戸用の網を貼り付けた、最先端の機器。これを通過できたものだけが今回のバラスト決定戦の決勝戦に進めるのです。さっそくふるいにかけてみました。結果はこのとおり。

ex2016-03_02

1/4ほどが通過しました。一番搾りのバラストのこの均一感を見てください。なんかいい感じしません?

ex2016-03_03

KATOの2種に比べると明らかに粒が大きくスケールどおりではないのですが、KATOのものはちょっと小さいかなと思っていたのでこれくらいが狙いどおり。

それはさておき、残った3/4を捨てるほどリッチじゃありません。敗者復活のため、ボードを作ったときの切れ端のヒノキの棒ですり潰します。TOMIXのバラストは軽石系なので簡単に潰せるのです。ごりごりごりごり…

ex2016-03_04

すり潰したものをフィルターにかけて、すべて強引に通過させました。

ex2016-03_05

ただこのままじゃ粉砕時に発生したパウダー状の石粉が混ざっています。これはあまりにも細かすぎて使えないのでどうして取り除こうかと考えましたが、

ex2016-03_06

結局、米を研ぐように何度も何度も水洗いし、粒子成分を除去しました。原始的な方法ですけど。

ex2016-03_07

ただいま乾燥中。これでうまくいきそうなら、KATOの明灰色は補欠にまわして、このバラストでレイアウト製作開始です。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。