Thunderbirdで、OutlookExpressの分割ファイルを結合する。

2015年09月6日 正午の月齢:22.8  月名:弓張月(下弦)  潮汐:小潮 月齢:22.8[弓張月(下弦)] 潮汐:小潮 | 1年前 | 旧暦:2015年07月24日 | 赤口
In ソフトウェア | Thunderbirdで、OutlookExpressの分割ファイルを結合する。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は1年以上前のものです。情報が古い場合があります。

家でも会社でもThunderbirdを使っていますが、まだまだOutlookExpressを使っている人も多いのが現実。たまに大容量の添付ファイルを付けたメールが分割して送られてくるのですが、今まではOutlookExpressを起動して結合していました。でもそんなことをしなくてもThunderbirdで結合できるみたい。

まずはプラグイン「Join-NG」をダウンロード。任意の場所に保存します。

join-ng

Thunderbird へのインストール方法

  1. まず、ファイルをダウンロードして保存してください。
  2. Mozilla Thunderbird の [ツール] メニューから [アドオン] を選択してアドオンタブを開きます。
  3. アドオン検索バーの隣にあるオプションボタン (歯車アイコン) をクリックして [ファイルからアドオンをインストール...] を選択し、先ほど保存したファイルを開いてください。

このとおりにインストールをすすめます。

それでは、さっそく結合してみましょう。分割されたメールがこのように受信されました。これらのメールをすべて選択します。

join01

次に右クリックして、メニューのいちばん下「選択したメッセージを結合」を選びます。

join02

すると、結合が始まり、新たなメッセージが作られます。[01/**]と、なっているので、結合前の[01/**]と間違えないように注意しましょう。メッセージのサイズで判断するのが確実ですネ。

join03

これでOutlookExpressの分割メールもスムーズに処理できるようになりましたー。あ、そうそう。結合後は結合の結果作られたメールだけ残しておいて、分割されたメールは捨ててしまって構いません。ジャマなのでさっさと削除してしまいましょう。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。