KATO583系の屋根をさらに塗りなおす。

2015年09月28日 正午の月齢:15.2  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.2[満月] 潮汐:大潮 | 2年前 | 旧暦:2015年08月16日 | 大安
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

KATO583系のクーラーの色がぜんぜん気に入らなくて、再度塗りなおすことにしました。

何色にしようかなといろいろ考えた挙句、ロイヤルライトグレイに決定。とりあえず1両塗ってみました。

583-3-3 Dc265

おっなかなかいいんじゃない?

ということで、この色で全部塗ってしまいましょう。

583-3-4

マスキング祭りです。これがいちばん時間がかかるんですよねー。

583-3-5

しっかりとマスキングしたら、あっけなくスプレーして終了。しばらくしてマスキングテープを剥いたら出来上がりです。

583-3-6 583-3-8

細かい部分にもちょっと色入れしてディテールアップ。雨樋も上から見たときにクリーム色が目立つ車両があったので、青く塗っておきました。

583-3-9

銀色屋根と比較すると、絶対こっちのほうが風景に溶け込みますね。

さて、381系、485系などなど、やろうと思えばまだまだやれるんですけど、どうしたものかなー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2015/09/kato583roofrepaint-more.html/trackback

KATO583系の屋根を再び塗りなおす。

2015年09月24日 正午の月齢:11.2  月名:十二日月  潮汐:中潮 月齢:11.2[十二日月] 潮汐:中潮 | 2年前 | 旧暦:2015年08月12日 | 先勝
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

583-2-6

先日屋根を塗りなおした583系。屋根部分の色はいいんだけど、やっぱこのままじゃクーラーの色が黒すぎる。

というわけで、クーラーとベンチレーターを塗りなおすことにしました。

583-2-1

まずはテストピースとして1両分の屋根をマスキング。うーんかなりメンドクサイぞ。でもここをしっかりしておかないとあとで泣くことになるので慎重に。

583-2-2

こんな感じになりました。呉海軍工廠グレイを使ったんだけど…たしかにジャーマングレイよりは明るいけれど、なんか微妙。

583-2-4

比較するとたしかに違いはわかるんですけど、やっぱりクーラーの色ではないので、塗りなおしかなぁ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2015/09/kato583roofrepaint-again.html/trackback

KATO583系の屋根を塗りなおす。

2015年09月19日 正午の月齢:6.2  月名:七日月  潮汐:小潮 月齢:6.2[七日月] 潮汐:小潮 | 2年前 | 旧暦:2015年08月07日 | 友引
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

もらったときからクハネとサロの3両だけは屋根がジャーマングレイで塗装されていて、あとは銀色だったKATO583系。

583-1-1

暑くもなく寒くもない季節になってきたので、屋根の塗装をしてみます。

583-1-2

モハネの複雑な電気系統のパーツを取り外すのですが、小さな碍子パーツが老眼には辛くて…

部屋の絨毯がグレーなので、碍子を落としてしまって探すのに半泣きでした。

583-1-3

碍子の色は白なのか青緑なのか。たしか白かった気がするので、白にします。なんかきりたんぽみたい。

583-1-4

全車両屋根をはずして、ジャーマングレイを吹きました。ギンギラギンな屋根よりもぐっと落ち着いた感じに。

583-1-5

編成にも統一感が出て、ようやく違和感がなくなりましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2015/09/kato583roofrepaint-2.html/trackback