Thunderbirdのタイトルバーを表示させて、クラシックモードに最適化。

2015年07月22日 正午の月齢:6.4  月名:七日月  潮汐:小潮 月齢:6.4[七日月] 潮汐:小潮 | 1年前 | 旧暦:2015年06月07日 | 赤口
In ソフトウェア | Thunderbirdのタイトルバーを表示させて、クラシックモードに最適化。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

この記事は1年以上前のものです。情報が古い場合があります。

フリーソフトを使わせてもらっている立場で言うのはおこがましいんですが、バージョンアップのたびにころころとデザインを変えるのはやめてほしい。使い続けて慣れた操作感を「思いつき」による改悪でどうしようもない状態にしてしまうのはマイクロソフトのリボンインターフェイスだけでもうたくさんっ!!

さて、メーラーはOutlook ExpressをやめてからずっとThunderbirdを使っているのですが、最近までずっとWindows2000を使っていたためにThunderbird12以降を使う機会がなく、何とも思いませんでした。Windows XPや7にして、Thunderbirdをアップデートしたことから、OSのデザインとなじまない変なデザインを使わされることになりました。どうやらThunderbird17のリリースから、タイトルバーが表示されなくなったようです。

Thunderbird original

うわーキモチ悪い。太くて青いバーの中に本来ツールバーとしてあるべき内容が入り込み、タイトルバーがないからソフト名も表示されない。明らかに他のソフトと整合性がなく極めて美しくない。角丸台形のタブもとてもダサい。

そんなわけで、最初の施術を。アドオン「Classic TB2」をダウンロードし、Thunderbirdに追加します。「ツール」→「アドオン」から「アドオンマネージャ」を開き、歯車ぽいボタンを押して「ファイルからアドオンをインストール」→ダウンロードしたファイルをインストールする、という流れです。その結果、

Thunderbird addon

全体的にクラシックな感じになり、とてもスッキリしました。かなり良くなったのでこのままでも使えないことはないのですが、やっぱりタイトルバーが欲しい。

  1. 「ツール」→「オプション」→「詳細」→「一般」→「設定エディタ」から「about:config」を開く。
  2. 「mail.tabs.drawInTitlebar」で検索する。
  3. 「mail.tabs.drawInTitlebar」を右クリックして「切り替え」し、値を「false」に変更する。

Thunderbird titlebar

ひょー。これでこそ正統派クラシックモード。実にシンプルで美しい、使い慣れたデザインです。

世の中は常に移り変わるものであって、決して新しいデザインを否定するわけではないのですが(いや冒頭で思いっきり否定しているケド)、変えちゃいけない部分ってあると思うわけですよ。たとえば自動車のハンドル・アクセル・ブレーキが統合されてジョイスティック1本になったとしたら、それはそれで進化とも言えるけれどきっと戸惑う人は多いし、他のクルマとの整合性にも問題があります。

デザインは見栄えだけでなく、機能の一部なんですから。20年使い慣れたデザインを捨てるなんて、絶対ムリ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。