パンタグラフの塗装にハマる。

2015年03月28日 正午の月齢:8.1  月名:九日月  潮汐:小潮 月齢:8.1[九日月] 潮汐:小潮 | 2年前 | 旧暦:2015年02月09日 | 仏滅
In 鉄道模型 | パンタグラフの塗装にハマる。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は1年以上前のものです。情報が古い場合があります。

クモヤ145・クルクモルのN化のときに気になったパンタグラフの色。今までパンタグラフは塗装したことがなくて、金属光沢そのままだったのですが、いったい塗装したらどれくらいの効果があるものか試してみることにしました。

tc20_05 tc20_06

下塗りはミッチャクロンを使用しました。色を変えたり塗膜の厚さを変えたりしてみます。手持ちの古いパンタグラフは金属製の板バネも塗装。なんかこの時点でもパンタグラフを塗装することの偉大さがうかがえます。塗装前と全然印象が違うから。

tc20_07 tc20_10 tc20_09

結果としてはジャーマングレーがいちばん使いやすそう。屋根の色もジャーマングレーで変化を付けたい場合は、ニュートラルグレーや軍艦色もいいと思います。スカイグレーやガルグレーはちょっと明るすぎるかな。無塗装よりはいいと思いますケド。

tc20_08 tc20_12

他の車両にもやってみました。いやもう無塗装でギラギラしたパンタグラフのままにしておくのは、パンツを履き忘れてるのと同じくらい恥ずかしく思えてきます。手持ちの車両のパンタグラフ全部塗り替えないと気が済まない感じで。

これはハマる予感・・・。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。