475系復活国鉄色に、とにかく部品を取り付けてみた。

2015年01月19日 正午の月齢:28.4  月名:二十九日月  潮汐:大潮 月齢:28.4[二十九日月] 潮汐:大潮 | 2年前 | 旧暦:2014年11月29日 | 先負
In 鉄道模型 | 475系復活国鉄色に、とにかく部品を取り付けてみた。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

この記事は1年以上前のものです。情報が古い場合があります。

入手してから一度も箱から出したことがなかった「475系金沢総合車両所復活国鉄色・A19編成」。

475touch-up_01 475touch-up_02

箱から出してみたところ、びっくりしました。前面にデカイ穴が開いている・・・。

475touch-up_03

このような製品をよく買っている人には別になんの驚きもないんでしょうけど、「完成品を買ったはずが完成していない」っていうのはかなりの衝撃。手を入れないととても人前で走らせられない。とりあえず最低でもタイフォンを入れなければ。で、そのタイフォンですが、部品の大きさが小さいの何のって。とても指でつまめません。

475touch-up_04

ピンセットを使って、しかも弾き飛ばさないように気をつけながら、悪戦苦闘の末4個のタイフォンを埋めました。みんなどうやって取り付けてるんだろ。

475touch-up_05

細かい部分にこだわる人にはこのような別パーツがいいんでしょうけど、ボクはこれくらいならなんとなくポコッとした膨らみがあればそれで満足するレベル。わざわざ後付けするほどのモノかなと思ってしまうのです。そうは言っても、どこまで追求するかは人それぞれですからね。これはこれで需要があるのでしょう。

さて、その他の部分を見てみましょう。

475touch-up_06

頭の上も実にさびしい。上から見下ろすことが多いNゲージの鉄道模型にとって、頭がさびしいのはとても痛い。何としてもパーツをつけてやりたい気持ちになります。

ここもわざわざ別パーツにするほどのものかなと思ってしまいますが、これもまた愉しみのひとつと考えましょう。ホイッスルやアンテナは穴さえ開いていなくて、ピンバイスで穴あけからしなければなりません。だから説明書には、

以下のパーツの取り付け方は上級者向けです。加工は模型の構造をよく理解したうえで慎重に行ってください。なお、パーツを取り付けない場合でも、模型の機能的に問題はありません。

と書かれています。いやまぁ機能的には問題ないと言っても、せっかくパーツがあって工具も持っているのだからやるしかないでしょ。上級者かどうかはさておき。そんなこんなで、

475touch-up_07

盛り付けてみました。賑やかな前頭葉になりましたが、目はショボショボ。おや、よく見ると、ホイッスルの部品間違えたー。

475touch-up_08

正しいホイッスルに直して、水タンクや汚物処理装置などの下回りにも部品をつけたら作業終了。

これで公衆の面前で走らせても違和感のない姿になりました。たまにはこういうことをして集中力を高めるっていうのも悪くないですネ。

で、パーツを付けただけで、まだ走らせていないのです。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。