旧型客車のカプラーを交換

2014年10月7日 正午の月齢:13.2  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.2[待宵月] 潮汐:大潮 | 2年前 | 旧暦:2014年09月14日 | 仏滅
In 鉄道模型 | 2件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は2年以上前のものです。情報が古い場合があります。

だいたい寝台車+座席車で、かつての夜行普通列車・夜行急行列車の雰囲気にしていますが、いつも同じような編成なので、カプラー交換とともに固定編成化してしまいます。

q_01

  • スハネ16
  • オハネ12
  • オハフ33
  • オハ35
  • オハ47
  • オハ35
  • オハフ33

という編成。こんな編成で正しいかどうかわかりませんが、そのあたりはツッコミ無しでお願いします。

で、カプラーはいつものとおり、機関車と連結する部分はアーノルトカプラー、最後尾はKATOカプラーN、編成の中はJP Aを使います。

q_05 q_03

なかなかいい仕上がりではあるのですが、1つ疑問が。

旧型客車って、こんなにジャンパ線ぶら下げていてもいいんだろうか・・・。

なんかありえない気がしないでもないんですけど、編成してますよー的なオーラが漂っているので良しとしましょ。

 

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

2件のコメント

  1. 初めてコメントします。Salamといいます。
    同じく、ジャンパー線は多過ぎと思いながら使ってます。
    44系つばめ、客レかもめあたりから、編成モノにはジャンパー線付きカプラーが標準になったような。
    多分、気にしたら負けです。^_^

    Salamからのコメント | 2014年10月7日 #

  2. ありがとうございます。やっぱり気にしたらきりがないですよね。

    からのコメント | 2014年10月12日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。