急行荷物列車のカプラーを交換

2014年10月11日 正午の月齢:17.2  月名:居待月  潮汐:中潮 月齢:17.2[居待月] 潮汐:中潮 | 2年前 | 旧暦:2014年09月18日 | 友引
In 鉄道模型 | 急行荷物列車のカプラーを交換 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は2年以上前のものです。情報が古い場合があります。

お気に入りの編成のひとつ「急行荷物列車」。この列車もカプラーを交換してしまいましょう。

nimo_01

  • マニ50
  • マニ60
  • スニ40
  • オユ14
  • オユ10
  • マニ44
  • マニ44

という編成で、マニ50の機関車側はアーノルトカプラーのまま。最後尾はダミーカプラーのまま。

nimo_07

で、中間の連結器ですが、荷物列車の編成ってジャンパ線がどうなっているのか(特にスニ40やマニ44みたいな貨車同然の車両について)さっぱりわからないので、普通のカトーカプラーを使ってみました。

nimo_02 nimo_03

連結面間はちょっと広め。

で、当分はこのままだったのですが、やっぱり物足りない!! ええいジャンパ線をぶら下げてしまおう。ということで、再改造なのです。

nimo_06 nimo_04

マニ44は、カプラーボックスのスプリング機能を殺して車体中心側にオフセットして瞬間接着剤でガチガチに固定。その効果が出て連結面間はかなり狭くなりました。他の車両にも様子を見ながら施術しようかな。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。