河合タキ12200形のカプラーを交換

2014年10月29日 正午の月齢:5.6  月名:六日月  潮汐:中潮 月齢:5.6[六日月] 潮汐:中潮 | 2年前 | 旧暦:2014年閏09月06日 | 友引
In 鉄道模型 | 河合タキ12200形のカプラーを交換 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

タキ1900に引き続き、セメント輸送のタンク車タキ12200をカプラー交換します。

12200_00

デザインとしてはタキ1900よりもすっきりとしていて、ちょっと物足りないなぁ。本当はホキ5700のような、いかにもセメント輸送臭いデザインが好きなのです。

早速カトーカプラーをねじ込んでみました。ただ交換するだけではなく、カプラーポケットのいちばん後ろ側にオフセットする加工を施して。

12200_04 12200_02

んー広いなぁ。オーバーハングが全然なくてカプラーポケットの端が車体のデッキ部分とツライチくらい。連結器の二の腕(?)が丸見えです。タンク車でこれだと目立つんですよね・・・。

というわけで、再改造。

12200_06

もうこれ以上引っ込められないところまで下げてみました。これでどうや!!

12200_08 12200_07

ガチガチに狭くなりました。約3.5mm。ほぼ現実どおりの間隔ですよ。

12200_09

曲線通過も問題ないのです。タキ1900と混結しても違和感なく、大阪セメントコンビのディテールアップ終了です。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

河合タキ1900形のカプラーを交換

2014年10月27日 正午の月齢:3.6  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.6[黄昏月] 潮汐:中潮 | 3年前 | 旧暦:2014年閏09月04日 | 赤口
In 鉄道模型 | 河合タキ1900形のカプラーを交換 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

タキ5450でタンク車の連結面間短縮に目覚めてしまいました。この調子でいろいろとやっていきます。次の獲物はタキ1900。

1900_99

オーバーハングが短くて手強い相手ですが、うまくいくかな。

1900_01

元々のアーノルトカプラーでは、間隔の広さが大きすぎることと、タンク車の構造上連結部分が丸見えになることから、現実離れしすぎ。もう何とかしてやりたくてたまりません。

とりあえず連結器をカトーカプラーにした状態。なんていうか、連結器だけは変わったものの、まだ広いなぁ。

1900_02

カプラーポケット内に加工を施した状態。うむ、いい感じになりました。

1900_03

タキ5450よりはオーバーハングが長くて、連結器の根元を薄くする加工は必要ありませんでした。

1900_97

別会社のタキ1900も同様に加工します。

1900_98

これでちょっとカッコよくなったかな。とりあえず機関車とのつなぎ部分はアーノルトカプラーのままですが、ここも加工しちゃおうかなぁ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

キ100のレベルアップ改造。(その3)

2014年10月25日 正午の月齢:1.6  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.6[二日月] 潮汐:大潮 | 3年前 | 旧暦:2014年閏09月02日 | 仏滅
In 鉄道模型 | キ100のレベルアップ改造。(その3) はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

スカート部分が完成したので、積み残しているレベル3の課題「前面ダミー連結器」を適正化します。台車マウント用のTNカプラーを使い、車体に穴をあけて接着しました。

ki100_29

光硬化パテで細部を整えて、塗装を修正して完成です。

ki100_30

元のパーツと比較すると、かなり実感的になりました。ま、自連でなくて密自連なので完璧というわけではないんですけど。

ki100_31

高さも揃えて、カプラー本来の機能は殺さないように接着したので、このように連結することも可能です。ララキマロキラ編成の2両目も再現できますー。

ki100_32

直線区間だけではなく、C280の曲線でも大丈夫です。とは言うものの、首を振らないのでさすがにS字カーブでは脱線しました。

ダミーカプラーより半歩先を行ってるくらいですが、満足度は高いですよ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>