TOMIX181系のカプラーを交換

2014年08月18日 正午の月齢:22.5  月名:弓張月(下弦)  潮汐:小潮 月齢:22.5[弓張月(下弦)] 潮汐:小潮 | 2年前 | 旧暦:2014年07月23日 | 大安
In 鉄道模型 | 2件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は2年以上前のものです。情報が古い場合があります。

KATOの82系に続いて、TOMIXの181系気動車。趣味だけではなく、仕事としても思い出のある車両です。懐かしいなー。突然の機関トラブルなどで苦労させられたなー。

181_01

さて、さくさくとカプラー交換。だいたい問題なかったのですが、1つだけ不可解なことがありました。

181_02

1両だけ台車から伸びるシャンクが短くて、連結器を交換すると妙に車両側にオフセットしてしまいました。

181_03

もともと付いていたアーノルトカプラーも1つだけ長かったんですよね。

181_05

普通はこんな感じの連結面間なのですが・・・

181_04

1ヵ所だけこのように2mmほど狭くなってしまいます。そのせいで通過できる曲線が限定されるかも知れません。

181_06

並べたところで思ったほどの違和感はないのですが、そもそもなんで1両だけ台車がおかしかったのかなー。

181_07

ちなみに片エンドだけ、ボディーマウントTNカプラーに換装されています。不思議がいっぱいの181系でしたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

2件のコメント

  1. シャンクが短い方のシャーシはTN非対応で、シャンクの長い方はTN対応のようですから、単純に製造時期の違うものが混ざっているのではないかと思います。

    シンからのコメント | 2014年08月19日 #

  2. コメントありがとうございました。
    もう連結器の種類がいろいろありすぎて、完全には理解できません・・・

    からのコメント | 2014年09月8日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。