TOMIX485系旧製品のカプラー交換

2014年07月30日 正午の月齢:3.5  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.5[黄昏月] 潮汐:中潮 | 2年前 | 旧暦:2014年07月04日 | 仏滅
In 鉄道模型 | TOMIX485系旧製品のカプラー交換 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は2年以上前のものです。情報が古い場合があります。

かなり前に亀師匠からいただいたTOMIXの485系。今まで走らせたこともなかったのですが、せっかく頂戴したものなので使えるように手を入れてあげることにしました。

coupler485_00 coupler485_12

古い製品なので、最近の車両と比較すると塗装が甘かったり、ディテールに微妙なところがあったりしますが、そんなことは大して気になりません。最大の問題は連結器がバラバラなこと。カトーカプラーだったりアーノルトカプラーだったりで組成さえできません。

ということで、電車の固定編成にもっともふさわしい(って自分は思っている)密着連結器タイプのKATOカプラー密連形Aに全交換してみます。

coupler485_02

師匠もさんざん苦労されたようで、車両ごとにKATOだったりTOMIXだったり、いろいろな台車を流用されていますが、何とか交換することができました。1両を除いては・・・

coupler485_03

先頭車のコイツだけは魔改造されていて、ポン付けではカプラー交換できません。かと言って新品の台車を入手するとなると、結構高いし、そもそもこの車両にピッタリのものが存在しているのかどうかもわかりません。なにしろ鉄道模型の流通経路に関してはまったくの素人ですから。

coupler485_04 coupler485_05

元々の連結器は切り取られて、カトーカプラーがプラ板で接着されていました。従来同様にプラ板を仲介してKATOカプラー密連形Aを取り付けてもいいのかもしれませんが、今回はたまたま持っていた連結器のパーツを加工してくっつけることにします。

coupler485_06

長さを決めたら断面を整えて、瞬間接着剤で固定し、連結時の高さを確認します。

coupler485_07

高さ出しが決まったら、接着面周囲に0.3mmプラ板から作った小片を可能な限り添えて接着面積を増やします。

coupler485_08

ガチガチに固まったら、もう一度確認。

coupler485_09

バッチリですね。これですべての連結器が交換できましたー。

・・・ところが。

coupler485_11

この状態で完全に瞬間接着剤が乾くのを待って、見てみると、

coupler485_10

ぬおーっ!! 瞬間接着剤のお約束で、白い粉を吹いていました。

大丈夫。粉を取り除いて、車輪を磨いて、完成です。あとはこの編成が無事に走るかどうかですね。

もらってから1回も電気を流していないので、それだけが心配なのです。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。