moltenのトレーニングタイマーを修理してみた。

2014年06月29日 正午の月齢:2.2  月名:三日月  潮汐:中潮 月齢:2.2[三日月] 潮汐:中潮 | 2年前 | 旧暦:2014年06月03日 | 友引
In できるかな | moltenのトレーニングタイマーを修理してみた。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は2年以上前のものです。情報が古い場合があります。

ハードな使われ方によって表示されなくなった長岡京ロケッツmolten製トレーニングタイマー

timer01

普段、審判もせず当番もせず、送迎と観戦しかしないオッサンですが、ようやく役に立つときが来たようです。

さっそく分解して、診断していきます。

100V側、コネクタ通電確認、スイッチOK、トランス高圧側のヒューズOK、低圧側のヒューズ12V確認。ということは、基板側か・・・。ヒューズ交換くらいで直るかなと思っていたんデスケド。

基板を見たところ、特にはんだ割れやパターンの剥離はないので、個別の部品を調べることにします。電解コンデンサのパンクはないな・・・ICも外観はOK・・・あと弱くて重要な箇所といったら水晶振動子。っていうか、なんかグラグラしてるし!!

timer02

基板側のはんだ付けは問題ないけれど、片側の端子が途中で折れています。これじゃあ動かないわけだ。基板を温めて、部品を抜き取りました。

timer03

部品自体はパッと見たところ壊れていないようなので、とりあえず基板に0.4mmすずメッキ線を10mmくらいの長さにして植え、その線に沿わせるように元の端子をはんだ付けしました。

無事直って、たまには役立つオッサンであることが証明されましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。