次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その71)・油槽所を作る

2013年12月10日 正午の月齢:7.5  月名:弓張月(上弦)  潮汐:小潮 月齢:7.5[弓張月(上弦)] 潮汐:小潮 | 3年前 | 旧暦:2013年11月08日 | 赤口
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その71)・油槽所を作る はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

やっと、やっと今回のメインテーマである油槽所に取り掛かります。9回の裏っていうか、ロスタイムっていうか、そんな時期なのに。

next-exhibition71_01

厚紙を重ねて約2mmにした荷下ろし場所。ミディアムグレイをこってりと筆塗り。この色がいちばんコンクリートの色に近いんですよね。それかスカイグレイが。

next-exhibition71_02

かなりムラをつけて塗っています。地形の型起こしが大変でした。微妙に平行が出ていなかったりして。

next-exhibition71_03

厚紙を1枚にして、ジャーマングレイで塗装。アスファルト部分を表現します。実際の敷地内の軌道の様子ってあまりわからないんですけど、先日訪れた新日鉄住金の敷地内はこんな感じだったかな、なんて思い出しながら。

next-exhibition71_04

さて、タンクを何で作ろうかとさんざん考えていたのですが、今月限りで閉店するホームセンター「アサヒプラザ」で水道用のキャップを購入。もともとそんなに高くないものですが、閉店セールで3割引なので6個買っても缶ジュース1本くらいの値段です。あとはこれを加工して・・・

文化展まであと7日。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。