次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その69)・近代型詰所を作る

2013年12月3日 正午の月齢:0.5  月名:新月  潮汐:大潮 月齢:0.5[新月] 潮汐:大潮 | 3年前 | 旧暦:2013年11月01日 | 大安
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その69)・近代型詰所を作る はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

丸見えの室内に少し味付けしましょう。0.5mmプラ板で事務所の什器を作ります。椅子の加工は、脚の部分が苦労しました。どれもそれなりに数が必要なので、地味に大変・・・

next-exhibition69_02

あまり使い道のなかった座っているポーズの乗務員。せっかくなのでこの機会に使ってあげましょう。椅子の高さにもピッタリ。みんなガニマタですけど。

next-exhibition69_03

これらを室内に接着していきます。ドールハウス? いやいや違うなぁ。色気も何もない殺風景な事務所です。

next-exhibition69_04

ちょっとは事務所っぽくなったかな。使い道のなかった人形も3体処分活用できました。

next-exhibition69_05

こんな感じで、中が見えますー。

ついでに小物を用意しました。

next-exhibition69_01

軌道の脇の防護柵。地面に貼り付けて基礎部分を隠すだけで簡単に連続で設置できるようにしました。材料は電子部品の足のみ。

next-exhibition69_06

隣の古い詰所には、清掃会社の看板を取り付けました。って、細かすぎて誰も気にしないですよね。今回の文化展のお客さんにだけはワカル・・・はず。

文化展まであと14日。えっ?! 2週間ってか。うわー!!!!!!

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。