次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その68)・近代型詰所を作る

2013年12月2日 正午の月齢:29.0  月名:月隠  潮汐:大潮 月齢:29.0[月隠] 潮汐:大潮 | 3年前 | 旧暦:2013年10月30日 | 先負
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その68)・近代型詰所を作る はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

詰所の続き。チップLEDをつけ、1階と2階の間に床を作りました。1階は間仕切りを設けて左端の部屋だけ光らせています。

next-exhibition68_01

点灯試験が終わったのでボードに取り付け。ボードの裏で直列に回路を組み、抵抗(1kΩ)を入れてあります。

next-exhibition68_02
ボンドGクリヤーでベタッと接着しました。けどちょっと気になることがあって、屋根だけは接着していない状態なのです。

next-exhibition68_04

反対側から確認すると、こんな感じで。他の建物よりは明るめに光らせています。

next-exhibition68_05

ここ最近駅前広場側からの視点が多くて、こちら側から見るのは久しぶりなのですが、思いのほか東淀川駅(今回の駅のモデル)ぽく仕上がってくれています。

さて、これで詰所は完成、と言いたいところですが・・・

next-exhibition68_03

明るくて、しかも窓が広いため、中が丸見えなんですよね。これが屋根を接着していなかった理由。広い室内に何もないっていうのがあまりにも味気ないので、ちょっと時間がかかるけれどひと工夫しちゃいましょう。

文化展まであと15日。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。