次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その67)・近代型詰所を作る

2013年12月1日 正午の月齢:28.0  月名:二十九日月  潮汐:大潮 月齢:28.0[二十九日月] 潮汐:大潮 | 3年前 | 旧暦:2013年10月29日 | 友引
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その67)・近代型詰所を作る はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

モスバーガーと鉄道用地内の建物の間がどうもさびしいので、もう1軒追加しましょう。またまたグリーンマックスに依存です・・・

以前買った近代型詰所を使います。

next-exhibition67_01

まずは外側を塗装して、内側にアルミホイルを貼って塗装、その後窓ガラスを入れます。窓ガラスは付属のものではなく、0.2mm透明プラ板を流し込み接着剤で固定。窓のデザインが格子が多くて古臭かったので、中の格子を抜いてちょっと近代的にしました。

next-exhibition67_02

1階の6ヵ所に2.0mm角棒を20mmの長さで立てて、2階の床受けの準備をしておきます。で、4面の壁をガチガチに接着したのですが、妻面の壁の真ん中辺りにあるこの2つの出っ張りは何かな?

next-exhibition67_03

はい、やってしまいました。このドアの付いている壁は階段側の壁でした。通路部分を支えるための出っ張りだったのです。あーあ。まあでも致命的な間違いではないので、しれっと出っ張りを削り取ってしまいましょ。

next-exhibition67_04

はい、これで大丈夫。

基礎部分は本来もっと高い(外箱の絵のように数段の階段がある)のですが、設置場所の広さの制約と設置目的のイメージとの相違から、ガッツリと削っています。この時点ではまだ屋根は接着していません。

文化展まであと16日。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。