次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その48)・新工法で架線柱の短縮

2013年09月7日 正午の月齢:2.0  月名:三日月  潮汐:中潮 月齢:2.0[三日月] 潮汐:中潮 | 3年前 | 旧暦:2013年08月03日 | 仏滅白露
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その48)・新工法で架線柱の短縮 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

以前、「次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その41)・架線柱の高さ」で、KATOとTOMIXの道床の高さの違いを考慮しても、あまりにも架線とパンタグラフが離れている状態だと書いたのですが、これを解決する新工法を試してみます。

今まではTOMIXの架線柱を永久固定していたのですが、今回KATOのを使うのを機会に、取り外しが簡単にできるようにします。

next-exhibition48_01

最初に考えた工法が、「オリジナルの土台の角穴に、差し込み部分をちょん切った架線柱を接着剤固定」する方法。架線柱に対して土台の穴が大きすぎるので、あまりにも不安定すぎてボツ。

次に「オリジナルの土台の角穴をφ3mmに拡張し、プラパイプ(外径3mm・内径2mm)を埋め込み、差し込み部分をちょん切った架線柱を差し込んで固定」する方法。

next-exhibition48_02

プラパイプの内径が規格以上に大きくて、2.3~2.5mmくらいあるので、穴がガバガバ。マスキングテープでも巻きつけて調整しようかと考えましたが、抜き差しするたびに劣化しそうなのでボツ。

どうせなら、元々の土台と差し込み部分を生かしたいと考えて、新工法に挑戦してみます。

next-exhibition48_03

柱の中間部分の長さを詰めるのですが、材質的に接着剤は使えないので、熱収縮チューブを使ってつなぎます。まずは柱を6mmカット。

next-exhibition48_04

ライターで炙って熱を加え、締めていきます。

next-exhibition48_05

当たり前ですが、土台にはピッタリとはめることができます。

next-exhibition48_06

無事完成しましたー。スカイグレイで塗装したところ、色・ツヤともに違和感なく仕上がりました。

next-exhibition48_08

欠点というほどではないのですが、必ず塗装が必要な点と、チューブの剛性だけで繋がっているので妙な弾力性がある点はどうしようもないのですが、逆に何かに引っ掛けた場合でもいきなり折れることはないでしょう。加工に必要な時間も1本あたり数分で済むので、量産も問題なしですヨ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。