次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その47)・キハ47播但色を乗せてみた

2013年09月4日 正午の月齢:28.6  月名:二十九日月  潮汐:大潮 月齢:28.6[二十九日月] 潮汐:大潮 | 3年前 | 旧暦:2013年07月29日 | 大安
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その47)・キハ47播但色を乗せてみた はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

バラストやレールといった地味な作業ばかりだったので、気分転換にキハ47(JR西日本更新車・播但線)を乗せてみましたー。

next-exhibition47_04

あらま、なんかカワイイ。

next-exhibition47_02

そう言えば、長いこと気動車に乗っていないなぁ。いや、大阪→姫路で「はまかぜ」使ったか。

next-exhibition47_03

ピントがかなり奥で合ってしまいました・・・

next-exhibition47_05

今回の記事は中身ありません。写真だけですー。

最終的には架線柱を建てるので、架線柱のない非電化な雰囲気は今でしか味わえません。非電化レイアウトも魅力的なんですけど、電車・電気機関車を走らせられないし。いや模型ですから走ることは走りますが、架線柱がないのに電車を走らせるのがキライなんです。架線を張るのは無理だとしても、せめて架線柱がないとネ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。