次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その46)・レールの塗装

2013年09月2日 正午の月齢:26.6  月名:二十七日月  潮汐:中潮 月齢:26.6[二十七日月] 潮汐:中潮 | 3年前 | 旧暦:2013年07月27日 | 先負
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その46)・レールの塗装 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

バラストの塗装が終わったので、レールを塗装します。レールを塗ると、すっごく効果があるんですよね。使ったのはエナメルのフラットブラウン。

next-exhibition46_03

結局フラットブラウンを筆にたっぷり付けて塗っていき、最後に踏面の塗料を落とすので、わざわざレールをマスキングしてバラストを塗装する必要はなかったのかもしれませんが、レールにスプレー塗料の厚い皮膜ができなかったということでヨシとしましょう。

next-exhibition46_05

バラストの表情をもう少し出したいので、デザートイエローを薄めて局部を汚す予定。いやまぁ、このままでもいいって言えばいいんですけど。

next-exhibition46_06

ポイントには油の染みっぽく薄めたフラットブラックを。

next-exhibition46_02

クロッシングのあたりはもう少し丁寧に余分な塗料を落としておかないと、走行に影響が出るかも。

それでは、塗装前と比べてみましょう。

next-exhibition43_04 next-exhibition46_01

ほら、こんなに本物っぽくなりましたー。

next-exhibition43_02 next-exhibition46_04

手間はとてもかかるのですが、もうレールの塗装なしなんて考えられませんっ!!

next-exhibition46_07

全体がかなり落ち着きましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。