フライング尊師スクリーンセーバー

2013年09月29日 正午の月齢:24.0  月名:二十五日月  潮汐:長潮 月齢:24.0[二十五日月] 潮汐:長潮 | 3年前 | 旧暦:2013年08月25日 | 友引
In ソフトウェア | フライング尊師スクリーンセーバー はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

ふと思い出したので探したらまだ持っていました。2種類のスクリーンセーバー。

タイムスタンプを見ると約18年前。早いもんですねぇ。

動作はこんな感じ。まずはフライング尊師から。

ssflyaum

画面左端からバウンドしながら尊師が出てきます。「修行するぞ」という声が出てくるので注意。いろいろと設定を変えることができます。

次は尊師大増殖。

sstajin

じわじわと尊師が増えていく、実に気持ち悪い動作。もう最悪。

Windows7で動作確認しました。無事に動きましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

自動販売機を自作する。

2013年09月28日 正午の月齢:23.0  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.0[真夜中の月] 潮汐:小潮 | 3年前 | 旧暦:2013年08月24日 | 先勝
In 鉄道模型 | 自動販売機を自作する。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

こばるさんけいから売られている自動販売機。買うほどのものでもないなぁ、って思ったので作ってみましたー。

vending machine_02

自動販売機の寸法は「主要な清涼飲料自動販売機の設置サイズ」「自動販売機ラインナップ」を参考に、正確に1/150にしました。ロゴも現実の企業のままです。ほとんどIllustratorでパスを描いていますが、商品の部分だけは画像を貼り付けました。一応メーカーごとにジュースのメニューを変えてありますっ。

vending machine_03

拡大するとこんな感じでリサイクルのステッカーまで徹底的に作りこみましたが、いつものことですが印刷されると何が書いてあるのかほとんどわからないのですよ・・・

vending machine_01

こんな感じで完成したのでよろしければお使いください。現代的なデザインしか作っていないのですが、もっと古いデザインやドライブインにあるような変な自動販売機にも挑戦してみたいなー。

0.5mmプラ板で箱を組んで、とりあえず作ってみました。

vending machine_04

今回は安いPPC用紙にインクジェットプリンタで印刷して両面テープで貼ったのでちょっと野暮ったいですが、もう少し平滑な紙を使って作ればシャープに仕上がると思います。箱を組むときは心持ち小さめのほうがいいと思います。

今のところ素組みだけですが、もちろんチップLEDを入れるつもりですヨ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その52)・駅舎を仕上げる

2013年09月27日 正午の月齢:22.0  月名:弓張月(下弦)  潮汐:小潮 月齢:22.0[弓張月(下弦)] 潮汐:小潮 | 3年前 | 旧暦:2013年08月23日 | 赤口
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その52)・駅舎を仕上げる はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

LED実装の続きです。

next-exhibition52_03 next-exhibition52_02

と、その前に、地下通路へと続く階段を取り付けました。駅舎の中を覗き込んでもほとんど見えないくらいの隠し味なのですが、どうしても取り付けておきたかったんですよね。

さて、LEDの実装。まずは駅務室に導光棒を使った照明を追加。次に駅名行灯の処理。

next-exhibition52_01 next-exhibition52_04

反射板を形成し、上をふさぎます。このあとニュートラルグレイを塗って遮光しました。男子便所・女子便所のチップLEDにはマッキーの橙色を塗って光の表情に変化を付けます。コンコースの照明はLEDを2個直列にして1kΩの抵抗を入れて計算上6mAでしたが、駅務室・行灯・トイレ2箇所の照明はLEDを4個直列にして100Ωの抵抗を入れて計算上4mAになっています。これら2系統の配線を集合させて、床下から出します。

next-exhibition52_08

屋根をガチガチに接着しました。瓦の表現をどうするかは置いといて・・・

next-exhibition52_09

では点灯させてみましょう。

next-exhibition52_05 next-exhibition52_06

ちょっとわかりにくいのですが、コンコースのLEDは少し青白い白色なのに対して、駅務室は昼光色の蛍光灯のような色が出ています。あと電源を遮断したとき、4個直列の回路はすぐに消灯するのですが、コンコースの2個直列のほうはじわーっと消えるのです。回路のどこかにコンデンサのような効果が発生しているのでしょうか、うーん・・・

next-exhibition52_07

線路近接側から撮った様子。トイレの部分だけ少しオレンジっぽくなっています。けど、電球色というほどでもなく、すこしピンクが入っている感じ。トイレらしいとも言えるかな。

さて、いよいよ駅舎の仕上げ、屋根の加工に取り掛かります。瓦かトタンかガルバリウムか・・・どんな屋根にしようかなー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>