次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その42)・行灯式車止標識をつくる

2013年08月13日 正午の月齢:6.6  月名:七日月  潮汐:小潮 月齢:6.6[七日月] 潮汐:小潮 | 3年前 | 旧暦:2013年07月07日 | 先勝
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その42)・行灯式車止標識をつくる はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

バラスト撒布も残すは油槽所の部分のみとなりました。

さて、今回のモジュールはチップLEDをとにかく使いまくるのが目的なので、油槽所の車止標識も思いっきり光ってもらいます。引き込み線の終端にも行灯式車止標識に改造したエンドレールを使ったので、以前に作ったものだけでは数が足りません。久しぶりに作ることにしましたー。

next-exhibition42_01

0.3mmのプラ板で箱を作り、0.5mm真鍮線でカソード兼支柱を作り、レーザープリンタで印刷した標識を作ります。箱は一発ではなかなか寸法が出なくて、何度か作りました・・・

next-exhibition42_02

久々の顕微鏡。

next-exhibition42_03

電球色チップLEDの在庫がこの2個だけなので、失敗するとまた買わなければならないのです。余裕ないナァ。

next-exhibition42_04

とは言いながら、失敗することもなくできました。標識の縁の部分が、紙の地色が出ています。そこんとこが会心の出来栄えではないのですが、まぁ合格としましょう。(縁を黒く塗ろうとしたら滲んで失敗したのでもうやめときます。)

next-exhibition42_05

台座の元々の穴はD字断面に削った3mmのプラ棒で埋めました。標識を固定して未塗装部分をフラットブラックで塗れば完成ですー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。