次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その41)・架線柱の高さ

2013年08月6日 正午の月齢:29.2  月名:月隠  潮汐:大潮 月齢:29.2[月隠] 潮汐:大潮 | 3年前 | 旧暦:2013年06月30日 | 大安
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その41)・架線柱の高さ はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

KATOとTOMIXの道床の高さの違いを考慮しても、あまりにも架線とパンタグラフが離れている状態。

オリジナルの高さと、7mm切断した状態を比較してみました。しかしまぁ、空きすぎ。

next-exhibition41_01 next-exhibition41_02

7mmちょん切ると、こんな感じ。

車種を変えてみました。鉄コレの一体成型パンタグラフですが、

next-exhibition41_03 next-exhibition41_04

7mm削るとぴったり。

たぶん大丈夫だとは思うんですけど、「なんだかパンタグラフと架線支持金具が引っかかりそうでイヤだな」という人は、6mm落としくらいでいいのではないでしょうか。

元の台座に突き刺しただけではユルユルなので、ボンドGクリヤーでも塗って差し込むことにしましょう。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。