Transcend MP300は、ある意味究極の音楽プレイヤーなのです。

2013年06月6日 正午の月齢:27.5  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.5[二十八日月] 潮汐:中潮 | 4年前 | 旧暦:2013年04月28日 | 先勝
In 受想行識 | Transcend MP300は、ある意味究極の音楽プレイヤーなのです。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

7月の健康診断に向けて、満身創痍のたるんだ体を少しでも健康に近づけるために毎朝ウォーキング&ジョギング(7:3でウォーキング比率が高い)を始めました。はいソコ! 一時しのぎなんて言わないっ!!

さて、そんな毎朝のおともがコレ。Transcend MP300 MP3プレイヤー。

mp300_01

SSD以外でTranscendの製品を使うのは今回が初めて。以前持っていたMP3プレイヤー「ウォークマン NW-E305」が昨年壊れて以来の音楽プレイヤーです。

MP300を買うまでには他の機種も考えたのですが、Transcend MP300に決めたいちばんのポイントは音楽ファイルの転送にソフトのインストールがいらないこと。これが最大最強のポイントなのです。だいたい他の機種は、たとえばウォークマンならsonic stage、i-podならiTunesのように転送ソフトが必要ですが、これがとてもイヤなんですよ。なんか押し付けられ感があるし、そのクセしばらくしたら、やれアップデートしろだの、サポート終了だの、企業の都合に振り回されてしまうのがオチ。その点Transcendの製品はUSBメモリと同じ感覚でファイルをドラッグ&ドロップするだけ。ね、すばらしいでしょ。

Transcendの製品にもいろいろあるのですが、MP300は最低価格・最小限の機能・最軽量って感じで、転送したMP3を再生するだけしかできません。フォルダ管理も何もなし。でも逆にそのシンプルさが魅力。目的は「ウォーキング&ジョギングのおとも」ですから。

もともとついていたイヤホンはじっとしていてもポロリと落ちてしまうので、使いません。ゴムのビラビラで耳の穴にぴったりと収まるタイプを使っています。

mp300_02

でもこのイヤホンは、ケーブルの途中に音量を調整するスイッチがあって、走っているとそのスイッチがゆれて、やっぱりイヤホンが外れて来るんですよね。耳掛け式のものを購入するつもり。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。