カメラを買い換えました。(また中古だけど)

2013年06月29日 正午の月齢:20.8  月名:二十日余の月  潮汐:中潮 月齢:20.8[二十日余の月] 潮汐:中潮 | 4年前 | 旧暦:2013年05月21日 | 先勝
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

長らく使い続けてきた、オークションで4000円くらいで入手したNikon COOLPIX 5200が突然壊れました。電源が入らない、または電源を入れても1秒程度で電源が落ちます。

usedcamera_01

そこで後継カメラを探しました。今回もオークションで格安物件を狙います。入手したのはNikon COOLPIX S510。3800円で落札ですー。Nikon信者ってわけでもないのですが何となく選んでしまうのですよ。

usedcamera_02

画素数は500万から800万へ増えましたが、最高画素なんて絶対に使わないので200万~300万画素で必要にして十分。5200が2004年発売でS510が2007年発売ということで、どのあたりが変わったかというと・・・

usedcamera_05

薄く・軽くなっています。でも5200のほうがもちやすい気が。それから各種スイッチが5200のように無骨でがっちりしているほうが操作しやすい。S510は繊細すぎて・・・

usedcamera_04

液晶画面は飛躍的に大きくなりましたが、5200の大きさでも全然不満がなかったのでありがたみは少ない。むしろ電力消費が心配だなぁ。あと大画面と引き換えに光学ファインダーがなくなったのは減点。画面で確認するとタイムラグがあるので、光学ファインダーで覗いてシャッターを切るほうがタイミングが合うのです。

usedcamera_03

修理して使えるものなら、5200を修理して使いたいですなぁ。カメラという道具として考えると新しければいいってわけでもないんですよね。思うところはいろいろあるけれど、S510を愛することにしましょう。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2013/06/usedcamera.html/trackback

Transcend MP300は、ある意味究極の音楽プレイヤーなのです。

2013年06月6日 正午の月齢:27.5  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.5[二十八日月] 潮汐:中潮 | 4年前 | 旧暦:2013年04月28日 | 先勝
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

7月の健康診断に向けて、満身創痍のたるんだ体を少しでも健康に近づけるために毎朝ウォーキング&ジョギング(7:3でウォーキング比率が高い)を始めました。はいソコ! 一時しのぎなんて言わないっ!!

さて、そんな毎朝のおともがコレ。Transcend MP300 MP3プレイヤー。

mp300_01

SSD以外でTranscendの製品を使うのは今回が初めて。以前持っていたMP3プレイヤー「ウォークマン NW-E305」が昨年壊れて以来の音楽プレイヤーです。

MP300を買うまでには他の機種も考えたのですが、Transcend MP300に決めたいちばんのポイントは音楽ファイルの転送にソフトのインストールがいらないこと。これが最大最強のポイントなのです。だいたい他の機種は、たとえばウォークマンならsonic stage、i-podならiTunesのように転送ソフトが必要ですが、これがとてもイヤなんですよ。なんか押し付けられ感があるし、そのクセしばらくしたら、やれアップデートしろだの、サポート終了だの、企業の都合に振り回されてしまうのがオチ。その点Transcendの製品はUSBメモリと同じ感覚でファイルをドラッグ&ドロップするだけ。ね、すばらしいでしょ。

Transcendの製品にもいろいろあるのですが、MP300は最低価格・最小限の機能・最軽量って感じで、転送したMP3を再生するだけしかできません。フォルダ管理も何もなし。でも逆にそのシンプルさが魅力。目的は「ウォーキング&ジョギングのおとも」ですから。

もともとついていたイヤホンはじっとしていてもポロリと落ちてしまうので、使いません。ゴムのビラビラで耳の穴にぴったりと収まるタイプを使っています。

mp300_02

でもこのイヤホンは、ケーブルの途中に音量を調整するスイッチがあって、走っているとそのスイッチがゆれて、やっぱりイヤホンが外れて来るんですよね。耳掛け式のものを購入するつもり。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2013/06/transcend-mp300.html/trackback

JR東日本のクルーズトレイン

2013年06月5日 正午の月齢:26.5  月名:二十七日月  潮汐:中潮 月齢:26.5[二十七日月] 潮汐:中潮 | 4年前 | 旧暦:2013年04月27日 | 赤口芒種
鉄道記事 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

JR九州の「ななつ星」、JR西日本の世界遺産周遊豪華観光寝台列車に続き、JR東日本からも発表されました。

「日本を楽しむあなただけの上質な体験」を感じる旅が始まります。
~クルーズトレインの新造について~

  • JR東日本では、昨年10月に「グループ経営構想Ⅴ(ファイブ)~限りなき前進~」を策定し、その中で観光立国の推進の一環として「豪華列車の導入」を行うこととしました。
  • この度、豪華列車による「日本を楽しむあなただけの上質な体験」の提案を目的として、当社のあらたなフラッグシップとなるクルーズトレインを新造します。
  • この列車によるご旅行において、これまでの鉄道の旅にない、上質で洗練されたサービス・おもてなしや特別感のある非日常的な体験を提供する事で、ご利用のお客さまに感動体験をしていただける旅を提供して参ります。

「日本を楽しむあなただけの上質な体験」を感じる旅が始まります。~クルーズトレインの新造について~

という概要です。もう少し引用してみましょう。

  • デザイン
    世界的な工業デザイナーでKEN OKUYAMA DESIGN代表の奥山清行氏のプロデュースによります。 具体的なデザインが決定しましたら改めてお知らせいたしますので、今後のお知らせにご期待〈ださい。
  • 車両の性能
    クルーズトレインでは、電化・非電化区間を問わず走行が可能で.安定した走行性能と高い冗長性を両立する新開発の動力方式(EDC方式)とする予定です。また優れた乗り心地や高い静粛性を実現するために、当社がこれまでの優等列車向けに開発し採用してきたフルアクティブ動揺防止制御などをさらに磨きあげたものを採用する予定です。
    ※EDC方式
    電化区間では、架線から供給される電力によって走行し、非電化区間では、車両に装備した大出力のエンジン発電機を稼働させ、発電機からの自給電力によって自力走行します。いずれの区間も、一般的な電車のようにモーターを駆動して走行し、安定した走行性能と高い冗長性の両立が可能です。また本動力方式の採用は日本国内では初めてとなります。
  • 車両の構成とサービス空間
    列車編成は10両の専用編成とし、パブリックスペースとしては、ダイニングやラウンジをご用意する予定です。またプライベートスペースとしては、 1両当たリ2~3室の客室とし、2クラスのスイートルームを提供する予定です。

cruise-train_01 cruise-train_02

「日本を楽しむあなただけの上質な体験」を感じる旅が始まります。~クルーズトレインの新造について~

東日本はエリアが広いので、いろいろなプランが作れそうですネ。でもなかなか乗れないんだろうなぁ・・・。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2013/06/cruise-train.html/trackback