「sister's noise」の歌詞と音遣いがいい感じ!

2013年05月11日 正午の月齢:1.5  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.5[二日月] 潮汐:大潮 | 4年前 | 旧暦:2013年04月02日 | 大安
In 受想行識 | 「sister's noise」の歌詞と音遣いがいい感じ! はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

fripside "sister's noise"「とある科学の超電磁砲S」のOP、「sister's noise」がとてもいい感じ。メロディーのスピードが心地よく、デジタルポップな打ち込み感を前面に押し出してきた曲調。クライマックスでキーを下げて聴かせる手法。20世紀末にはよく耳にしたものですが、近頃めっきり減ってしまいました。もうなんていうか、初めて聴いたときに新鮮さと同時に懐かしさが味わえるというか・・・ このテの曲が好きな人にはたまらない1曲。

誰よりも近くにいた その声は聴こえなくて
刻み続けていた時の中で やっと君に逢えたから
sister's noise 捜し続ける 彷徨う心の場所を
重ね合った この想いは誰にも壊せないから!

街は密やかに 君を隠してた
辿り着いた場所 蘇るあの記憶
繰り返されてた 真実は遠く
君のその痛み 気づけないまま

あの日託したその夢が 私を切り裂いても
何よりも大切な 希望だけ信じ貫いて

自分らしく生きること 何よりも伝えたくて
生まれ続ける哀しみの痛み その意味を刻むなら
sister's voice いま届けるよ 涙さえ能力(ちから)にして
繋がり合う 強さだけが全てを打ち抜いていく

夕暮れの放課後 いつもの街並み
ふと見上げた空 思い出す優しさを
君の眼差しが 気づかせてくれた
弱さ認める 勇気の強さを

温かな君のその手が 私を導いてく
何よりも守りたい 希望が闇を貫くから

抱きしめた熱い想い この世界を照らすから
走り続け探し続けていた 君の夢が動き出す
sister's noise 響きはじめる 高らかな生命(いのち)の意味
理解ってるよ かけがえのない絆は壊れないこと

自分らしく生きること 何よりも伝えたくて
生まれ続ける哀しみの痛み その意味を刻むなら

誰よりも近くにいた その声は聴こえなくて
刻み続けていた時の中で やっと君に逢えたから
sister's noise 捜し続ける 彷徨う心の場所を
感じあった 同じ笑顔 必ず守ってみせる

もう誰にも壊せないから!

sister's noise
作詞:Satoshi Yaginuma
作曲:Satoshi Yaginuma
唄:fripSide

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。