セラの全国大会に行ってきました。

2012年09月24日 正午の月齢:8.4  月名:九日月  潮汐:小潮 月齢:8.4[九日月] 潮汐:小潮 | 5年前 | 旧暦:2012年08月09日 | 仏滅
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は5年以上前のものです。情報が古い場合があります。

かつて所有していたトヨタ「セラ」。生産終了から17年くらい経っているのでもはや絶滅寸前ですが、トヨタが誇るバブル経済の象徴であり、言わずと知れたガルウイングドアを備えた名車です。セラを手放して7年以上経ちますが、今でもSERA GULLWING FREAKSから全国大会の案内が送られてきます。

2012年9月22日、今年はどうにか都合がついたので参加することができました。そのときの様子をご紹介しますね。

sera2012_10

これだけセラが集まるのを見たのは何年ぶりでしょうか。未来永劫セラのようなクルマは作られることはないでしょう。生活道具に成り下がった現在のクルマでは味わえないインパクトに強烈に萌えます。もうこの時点で「もう一度セラに乗りたい。」って思ってしまいました。

いまだに所有している人たちは筋金入りのセラ中毒ですので、いろいろと改造しています。維持するだけでも大変だということは自分自身の経験から容易に理解できるのですが、さらなる改造を重ねて個性を撒き散らしているセラたちを見ると胸が熱くなります。

sera2012_02 sera2012_03 sera2012_04 sera2012_05 sera2012_06 sera2012_07 sera2012_08 sera2012_09 sera2012_11 sera2012_12 sera2012_15 sera2012_16 sera2012_17

普段乗っているヴォクシーが、「背が高い」「重い」「8人乗り」「普通のクルマ」などのキーワードで語れるとしたら、セラは「背が低い」「軽い」「4人乗り」「ヘンなクルマ」という正反対の要素の塊です。かつてこんなクルマに乗っていたことが信じられないような不思議な感覚を味わいました。ただ、「夏は暑く、冬は寒い。」「とにかく走るだけで楽しい。」ことははっきりと覚えています。

sera2012_13 sera2012_01 sera2012_14

セラの大会では「色ごとに分けて並べてドアを広げて写真を撮る」というのが伝統行事となっているのですが、今回もこのように派手なパフォーマンスをしていると、ちらほらと一般人が見ていました。この「人に見られる」というのが実に心地いいんですよね。

あー、セラほしいよー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/09/sera2012.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。