次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その36)・かわいい駅舎をつくろう

2012年09月17日 正午の月齢:1.4  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.4[二日月] 潮汐:大潮 | 5年前 | 旧暦:2012年08月02日 | 先負
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その36)・かわいい駅舎をつくろう はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は4年以上前のものです。情報が古い場合があります。

それでは塗装をしてみましょう。まずは全体にプラサフを吹き、屋根以外にはタンを吹きました。屋根は、表はプラサフのままですが、裏は呉海軍工廠標準色を吹いておきます。これくらいしておけばLEDの照明をつけても透けないでしょうたぶん。

屋根・表 屋根・裏

屋根以外の各部を塗っていきます。床はニュートラルグレイ、庇はミディアムブルー、内装は明灰白色、改札口はフラットアルミ、コンコースの柵はミディアムグレイで筆塗りしました。床や壁はトイレの中までしっかりと塗ったんですけど、まぁ見えることはないでしょう・・・

正面 裏面 改札口

外壁はタンではちょっと鮮やか過ぎる気がしたので、バフを筆塗りして彩度を抑えます。全体的に同じような色が多いですが、覗き込むと各色の差が生きてきていい表情を作ってくれる、と思います。そう信じています。

全体俯瞰

こんな感じで、次はガラスと屋根瓦を表現します。かなり駅舎っぽくなってきましたよ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。