次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その9)・車止標識を行灯化

2012年07月3日 正午の月齢:13.9  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.9[待宵月] 潮汐:大潮 | 5年前 | 旧暦:2012年05月14日 | 赤口
鉄道模型 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は5年以上前のものです。情報が古い場合があります。

線路終端部には車止めがあり、車止標識があります。TOMIXのエンドレールは第2種車止めを再現していますが、よく見ると車止標識部分が箱のようになっています。

エンドレール

ただの標識ならばペラペラの板でいいはずなので、つまりこれは行灯型(電照式)の標識を再現していると考えられます。

これは、ぜひ光らせてみたい!

LEDで光るエンドレールも売られているのですが、おそらく製品化の都合上でしょうがコンクリートに埋め込まれた第4種車止めを模型化しているのです。これではイマイチ引き込み線には似合わない。というわけで、第2種車止めを光らせてみましょう。

車止標識

標識部分はIllustratorで作ってレーザープリンタで印刷しました。高さ・幅ともに2.5mmです。紙の裏から懐中電灯で照らしてみたところ、黒色のトナーがいい具合に遮光してくれていて、このままLEDの前に貼り付けたらもうそれだけで使えそうです。

箱部分の製作

標識箱の部分は、0.3mmプラ板で作ります。2.5mmと1.9mmの2種類を作って2.5mmの正方形になるように。小さくて接着しにくい・・・うう・・・

箱

なんとか箱にできました。バリは接着剤が完全に乾燥してから、無理のない範囲で整えることにしましょう。この時点でもう目がショボショボ。

1608チップLEDとの比較

1608チップLEDとの比較です。LEDが1.6mm幅に対して、箱の内法は理論上1.9mmあるはずです。ケーブルをはんだ付けしていないので何とも言えないのですが、現時点ではどうやら収まりそうです。

さて、無事完成するのでしょうか。

あ、ブログのタイトルですが、「次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その9)」だけではなんだかよくわからなくなってきたので、「・車止標識を行灯化」のように作業内容を追記しましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/07/next-exhibition9.html/trackback

1件のコメント

  1. 夜の状況にして、LEDの効果をみたいなぁ。

    oyamaからのコメント | 2012年07月13日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。