次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その21)・駅に生命を注入する

2012年07月31日 正午の月齢:12.3  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.3[十三夜] 潮汐:中潮 | 5年前 | 旧暦:2012年06月13日 | 赤口
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その21)・駅に生命を注入する はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

細かいところに装飾をしていきます。まずは点字ブロックから。

待合室付近 階段付近 目線の全景 曲線部の処理

貼り方はだいたい合っているとは思うんですケド。もう少し勉強してみます。

さて、屋根をはずして全体を見ると・・・

プラットホーム全景

黄色の線がまるで仮面ライダー555に出てくるカイザのようです。

待合室付近 柱 俯瞰の全景

駅名には付属のステッカーを使わずに、自作のステッカーを貼りました。

俯瞰の全景 俯瞰の全景

朝日の降り注ぐ窓際に置いてみました。あ、結構期待通りの色調に仕上がったかも。さらに細かいところを作りこんで、照明を付けたら完成です。ゴールが見えてきましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その20)・駅に生命を注入する

2012年07月29日 正午の月齢:10.3  月名:十日余の月  潮汐:若潮 月齢:10.3[十日余の月] 潮汐:若潮 | 5年前 | 旧暦:2012年06月11日 | 仏滅
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その20)・駅に生命を注入する はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

基本となるプラットホームはだいたいできたので、細かいところを作りこんでいきます。ただのおもちゃを駅の模型に進化させるために生命を注入します。って、おおげさだなぁ・・・。

それはさておき、まずはこの針金。

錫めっき線の加工

電子工作用の錫めっき線。これをこのような形に折り曲げます。これをどうするかというと、

手すりの設置

階段の手すりになりましたー。手すりは750mmの高さに設置するらしいので、階段から5mmの高さのところに貼り付けました。さりげなく光る銀色がチャームポイント。右端に少し見えますが、点字ブロックも少しずつ貼り付けています。

プラットホーム側面の汚し加工 屋根の汚し

各部の汚しも入れていきます。薄く溶いたエナメル塗料を流して、拭き上げるように。プラットホームの側面にはフラットブラウン、屋根にはデザートイエローを使いました。

柱の塗装 待合室の塗装

とにかくプラスチックむき出しの箇所がおもちゃっぽく見えてしまうので、残った部分も塗っていきます。柱はバフ、待合室は壁をレッドブラウン、屋根を呉海軍工廠標準色、ひさしはハルレッド。ベンチはフラットブラウンにしました。

付属の小物にも手をつけます。

キヨスク

売店は外観にはほとんど手を加えていません。店全体をプラサフで塗装後屋根をミディアムブルーに塗り、基礎部分にはバフを入れました。添付のステッカーを貼ったあと店舗とバックヤードの仕切りをプラ板で追加。LED配線の準備工事としてホームに穴を開けてあります。

島式ホームセット・ローカル型

元々の製品はこんな感じ。比較するとかなり違いがでてきましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その19)・プラットホームをまじめに考える

2012年07月28日 正午の月齢:9.3  月名:十日月  潮汐:長潮 月齢:9.3[十日月] 潮汐:長潮 | 5年前 | 旧暦:2012年06月10日 | 先負
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その19)・プラットホームをまじめに考える はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

プラットホーム端部曲線部分の筋彫りをパテで埋めてから、改めて彫りなおしました。続けて塗装工程ですー。朝、起きてから出勤までのわずかな時間を有効に使って作業します。

屋根の塗装

屋根はロイヤルライトグレイで塗装しました。プラスチックぽい艶がなくなり、落ち着きが出てきました。LEDを取り付けて照明を演出したときに透けるのを少しでも減らすために、裏側も塗装しておきます。

進行方向の眺め

プラットホーム全体にライトグレーのプラサフを吹き、笠石より内側はジャーマングレイにしてアスファルトをイメージしました。そのままではコントラストが強すぎて都会感があるので、タンを薄く全体に吹いて色調を抑えています。

ホーム端の塗装

プラットホーム下部にはウッドブラウンとレッドブラウンで汚しを入れ、列車が進入する両端部は少し強めに汚します。屋根もないので、上からも少し吹きました。ザラザラした質感をあえて強調しています。

階段の塗装

階段はエナメルを手塗り。階段はダークグレー、壁はバフで仕上げています。ダークグレーが濃すぎる気もするので、このあたりは微調整が必要かも知れませんネ。

塗装後の全体図

買ってきたままの状態に比べて、ずいぶんおもちゃっぽさが減りました。さてさて、これでようやくいろいろなものを取り付けることができそうです。いや、もうちょっとプラットホームに時間をかけようかな。文化展までまだまだ時間はあるしネ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>