次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その5)

2012年06月21日 正午の月齢:1.9  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.9[二日月] 潮汐:大潮 | 5年前 | 旧暦:2012年05月02日 | 赤口夏至
鉄道模型 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は5年以上前のものです。情報が古い場合があります。

さて、台風4号がもっとも接近している暴風雨の中、スーパーカブに乗っていそいそとレールを買ってきました。

layout5_01

ほぼ設計どおりですが、一部レールの組み合わせを変えています。引き込み線終端部は140+99+72.5だったのですが、158.5+158.5にしてジョイナーを抜き、エンドレールの線路終端部をつけました。これによってボードの端ぎりぎりまでレールを延ばしています。また、荷卸線の定位側は72.5のエンドレールをジョイナーを抜いた70にし、反位側のレールと長さをぴったり揃えました。

layout5_02

駅部分の有効長は外線が4両(カーブの部分を含めたら5両いけるかな)、内線は5両と言ったところでしょうか。実質的には両線ともに4両と考えて作りこんでいきます。

layout5_03

油槽所荷卸場の有効長はタキ5450なら3両いけそうです。

layout5_04

分岐器が連続するこの場所は、車種によっては難所になるかも知れません。ゆっくり滑らかに通過すればおそらく問題ないと思うのですが。

ボードとレールで15000円程度使ってしまいました。ポイントの数が増えるとお金がかかるなぁ・・・。建物はできる限り自作で乗り切ることにしましょう。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/06/next-exhibition5.html/trackback

1件のコメント

  1. […] 移動できる場合は問題ないのですが、線路終端までの有効長が短く、列車を押し込めない場合は連結することができません。(現在制作中の「引き込み線モジュール」のような場合です。) […]

    電磁解放ランプ付きレールを作ってみる。(その1) | 煤式自動連結器からのピンバック | 2012年06月22日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。