寝台特急「七つ星(ななつ星)」の続報と、Nゲージ用ヘッドマーク。

2012年05月30日 正午の月齢:9.5  月名:十日月  潮汐:長潮 月齢:9.5[十日月] 潮汐:長潮 | 5年前 | 旧暦:2012年04月10日 | 先勝
鉄道記事 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

先日、「七つ星」について書いたのですが、さらに詳しい情報が出てきました。

クルーズトレイン「ななつ星in九州」は木やファブリックを様々にあしらい、和洋・新旧融合の国内最上級の洗練された空間でみなさまをお迎えします。

ラウンジカーにはバーカウンターを備え、ピアノの生演奏をききながらくつろげるソファや回転椅子などを配し、展望用に窓を大きく設えました。

1両を2室にした「DXスイート」、3室にした「スイート」のゆったりとした客室など、今までにない新しい列車の旅をお楽しみいただけます。

七つ星・先頭 七つ星・後尾
クルーズトレイン「ななつ星in九州」|JR九州

さらに詳しい情報はウェブサイトで閲覧してください。当初「七つ星」と七が漢字だったのですが、「ななつ星」とひらがなになっています。ちょっとかわいくなったみたいですね。

外観・内装ともに、想像以上の豪華さをムンムンと漂わせています。しかもクルー1期生を募集していますよ。若くて独身だったら思わず応募してしまいそう!

さて、先頭車は機関車だと思うのですが、イラストを見る限りではヘッドマークは取り付けられていません。それなのに鉄道模型(Nゲージ)用にヘッドマークを作ってみました。

時代を先取りしてみたい人は、ぜひ使ってみてください。色味やサイズの変更・微調整については承ります。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/05/sevenstars_2.html/trackback

ウェブサイトの英語表記、「website」か「web site」か?

2012年05月23日 正午の月齢:2.5  月名:三日月  潮汐:中潮 月齢:2.5[三日月] 潮汐:中潮 | 5年前 | 旧暦:2012年04月03日 | 赤口
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

京津文化フォーラム82のウェブサイトは日本語と英語で書いてあるのですが、編集しながら気になったことが「ウェブサイト」の英語表記。

今までは「web site」と書くようにしていたのですが、「website」と「web site」のどちらが正しいのか、ちょっと調べてみました。

どうも「website」のほうが優勢のようです。(文法的にはどちらが正しいのか、よくわからないケド・・・)

そんなわけで2012年からは「website」と表現することにしました。「電子メール」については今のところ「e-mail」と書いていますが、ぼちぼち「email」にするかも知れないです。

ちなみに日本語では「ウェブサイト」のみ。「WEBサイト」「webサイト」のようにアルファベットとカタカナを混ぜるのは、なんだか気持ち悪いので使いません。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/05/website.html/trackback

水晶を掘ってきました。

2012年05月22日 正午の月齢:1.5  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.5[二日月] 潮汐:大潮 | 5年前 | 旧暦:2012年04月02日 | 大安
できるかな | 2件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

最近、伊織が石に興味を持ち始めて水晶や翡翠、ヘマタイト、フローライト、オパールなど持っている石を見せて好奇心を煽っていたのですが、さらにチャレンジ3年生にも石の観察セットが付いてきたので、知的好奇心を最大限に高めるために水晶を掘りに出掛けました。

場所は京都市民なら有名な某所です。とは言うものの、水晶を探しに訪れるのは25年ぶりくらいなので、詳しい場所なんて覚えていません。出発前に場所の特定をしておきました。キーワードは「6号橋」

車止めがあるぎりぎりのところまでクルマを乗り入れることができたので、歩く距離は少なくて済むと思っていたのですが、思ったよりも遠かったです。しかし、脇道にそれてすぐに水晶はありました。

crystal_02 crystal_03

大きさは大型でも数mm程度ですが、それでも紛れもない天然の水晶。子供たちは時間の経つのも忘れて地表に落ちている水晶を探しています。

帰途、5号橋の脇道にある古墳群を見て帰りました。当時は古墳ではなく防空壕と思っていたんですけど、よく考えたらこんな山の中に防空壕は不自然ですよね。ここの場所は忘れずに覚えていました。

さて、帰宅後に洗って不純物を取り除き、観察したのですが、チャレンジ3年生のミクロ観察スコープは優れもの。倍率30倍で白色LEDの光源もあり、立派な実体顕微鏡です。

micro-scope

冒頭の写真はこのスコープの接眼レンズにデジカメを無理矢理押し付けて撮影したのですが、思いのほか綺麗に撮れてくれました。

顕微撮影したり、日食を撮影したり、何でも撮影している気がします。ヤフオクで5000円くらいで落札したカメラのくせに大活躍!!

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/05/crystal.html/trackback