チップLEDで前照灯をつくるよ。(その4)

2011年05月18日 正午の月齢:15.2  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.2[満月] 潮汐:大潮 | 7年前 | 旧暦:2011年04月16日 | 先勝
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

LEDのユニットはシャーシ側に付けることにしました。それではLEDを固定できるように作り込んでいきましょう。強度を保ちながらLEDの厚み方向からあふれる光を抑えるため、LEDをはめ込むような形にします。

LEDブラケットを作る

これがブラケットになります。0.5mmプラ板を17.0×3.5mmに切り、ライトの穴の位置に角穴をあけます。0.7→0.9mmのピンバイスで穴を開けてから、カッターナイフで目的の形状まで削りました。(右の穴は加工の途中です。)

ブラケットが来る場所の確認

ブラケットが収まる位置には前面飾り帯の出っ張りがあるので、接着剤を流し込んで固定した後、出っ張りを削りました。

穴あけ位置の確認

ブラケットはこのように収まる予定です。LEDの中心をライト穴と合わせます。

取り付けたときの位置

シャーシにはこのように取り付けます。

LEDのはめ込みテスト

LEDをはめ込むとこのようになります。もちろん一発でうまくはまったわけではなく、現物を合わせながら削っていきました。LEDとブラケットはほぼツライチになっています。

点灯テスト

光らせるとこのような感じになります。見続けていると、目に悪そう・・・

さて、もう1つの穴も加工しましょう。その後黒く塗装する予定です。下地に銀色を塗ってからのほうがいいかな。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2011/05/chip-led_04.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。