「水素の発生と爆発」の実験。

2011年03月23日 正午の月齢:18.6  月名:寝待月  潮汐:中潮 月齢:18.6[寝待月] 潮汐:中潮 | 7年前 | 旧暦:2011年02月19日 | 友引
できるかな | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

原子力発電所で起きた水素爆発。今回は伊織に水素爆発を教えるために簡単な実験をしてみました。これで理科に興味を持ってくれますように。(野球とかはルールあまり知らんし教えられないケド、こういうことならなんとか教えられます。)

用意するもの。

  • ペットボトル
  • 途中に曲がる部分のあるストロー
  • 使い捨てプラスチックコップ
  • 塩酸が入ったトイレ用洗剤(サンポール等)
  • アルミホイル適量
  • 道具(ライター・ドリル・水)

それでは手順。

  1. まず、ペットボトルのふたにストローの径と同じ大きさの穴をドリルで開けます。
  2. そしてストローを、曲がる部分がふた側に来るような感じで突き刺します。
  3. ペットボトルの中に洗剤を入れます。
  4. コップに水を張っておきます。
  5. ペットボトルの中にアルミホイルを入れ、ふたを閉めて軽く振ります。細かい泡が発生します。
  6. ストローの端をコップの中の水に漬けます。

以上で水素発生器完成。

あとはストローから出てきた泡が水面に上がってきたときにライターで火をつけると、ポンッという音がして水素爆発!!

別に水の入ったコップを通さなくても水素は発生するのですが、水素は当然目に見えないので発生していることに気がつきません。安全のためにも水をくぐらせましょう。それから、あまり大量の水素を集めて火をつけると、どうなっても知らないです。

さて・・・、先日は銅の炎色反応で緑色の炎を見せ、今回は水素爆発を見せたのに・・・あまり関心を示してくれません。一時的には面白がってくれるのに。あーあ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2011/03/2hplus2oequal2h2o.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。