「スピニングコースター舞姫」転落事故

2011年02月1日 正午の月齢:28.1  月名:二十九日月  潮汐:大潮 月齢:28.1[二十九日月] 潮汐:大潮 | 7年前 | 旧暦:2010年12月29日 | 仏滅
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

まだ記憶に残っている「風神雷神2」の事故。またジェットコースタ関連の死亡事故がありました。

30日午後0時45分ごろ、東京都文京区後楽の東京ドームシティアトラクションズで、男性従業員から「ジェットコースターから男性客が転落した」と110番があった。警視庁捜査1課によると、会社員倉野内史明さん(34)=羽村市=が病院に搬送されたが、約2時間後に死亡した。

同課は業務上過失致死の疑いもあるとみて、安全バーのロックが十分だったかを調べている。

同課によると、事故があったのは「スピニングコースター舞姫」。倉野内さんはコース中盤の急カーブで、高さ7~8メートルから投げ出された。死因は内臓損傷とみられる。

コースターは急カーブが続く全長約300メートルのレール上を座席が回転しながら走行し、最高速度は時速約40キロに達する。

asahi.com 2011年1月31日1時6分 コースターから転落死亡=34歳男性、東京ドーム-安全バー不十分か・警視庁

スピニングコースター舞姫がどんなジェットコースターなのか実は知らないのですが、

調べに、安全確認していた20代の女性アルバイトは「バーが下りているように見えたが、手で押し込んで確認しなかった」と説明。同乗の知人は「すっと飛び出した」と証言したという。

倉野内さんは大柄な体格で、遊具に破損や故障がないことなどから、同課はバーの固定が不十分だったとみている。

ということから、体格が大きくて安全バーが確実にロックされていなかったようです。ボクも普段ジェットコースターに乗るときは、だいたい安全バーを持たずにバンザイしているので、気をつけなければ・・・

安全の裏づけがあるから楽しめるのがジェットコースター。運営側も利用者側も忘れないようにしなければいけませんね。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2011/02/dancingprincess.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。