トレインスコープ TC-9第2編成を作る。(その2)

2011年01月29日 正午の月齢:25.1  月名:二十六夜  潮汐:若潮 月齢:25.1[二十六夜] 潮汐:若潮 | 7年前 | 旧暦:2010年12月26日 | 先勝
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

205系をベースにしたカメラカー第2編成。ボディーを作っていきます。

天井の加工

屋根を外し、カメラと電池ボックスの入る部分の天井を切り取ります。本体が載る部分は天井を残して、剛性を確保しておきましょう。

椅子の撤去

電池ボックスが載る部分のシートを削り取ります。これで電池ボックスの高さを確保できそうです。

電池ボックスの加工

電池ボックスの下面にPカッターで筋を彫って真鍮線を埋めます。-極から車体中央へ向かう導線となります。

電池ボックス仮置き

電池ボックスを仮置きしてみました。トレインスコープを箱から取り出して置いてみるとなんとも言えない違和感があります。もしかすると・・・

本体サイズ比較

どわー!! やっぱり。旧製品と比較すると本体の長さが10mm程度長い。こんなの搭載できるかなぁ。いや、固定カメラだったら全然問題ないんですけど、首振りにした場合はカメラと本体間にケーブルの遊びが必要なのです。大丈夫かなー。心配だなー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2011/01/tc9_2nd_02.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。