文化展用合同レイアウト2011(その26)・境外塔頭を作って完成。

2011年01月20日 正午の月齢:16.1  月名:立待月  潮汐:大潮 月齢:16.1[立待月] 潮汐:大潮 | 7年前 | 旧暦:2010年12月17日 | 仏滅大寒
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

最終日、最後まで残ったベニヤ板の部分。このモジュールの絶対領域。ついにこの領域の作業を終えることができました。当初は針葉樹をただ植えるだけでもいいかな、と考えていたのですが、以前買った銀閣寺のプラモデルがあったので是非これを使ってみたいと思います。

庭園を造る

0.3mmプラ板をベースにします。庭園に必要な小物類を自作するのも大変なので、お手軽にジオコレの「日本庭園セット」を買ってみました。意外にもかなり使えそう!! 塀は日本庭園セットのものだけでは到底足りないので、自作しました。

銀閣の庭園を造りこむ

セットをそれなりに配置してみました。うーん、こんなものかな。なんかむちゃくちゃ高いセンスを要求されるんですケド。難しー。

境外塔頭慈照寺銀閣完成

カラーパウダー等を使って庭園っぽく仕上げました。本当は白砂で枯山水っていうのもいいんですけどね。池はわざとらしく水を表現するのもなんだかアレなので、潔く薄茶色のバラストのみにしています。

慈照寺銀閣の実装

絶対領域に取り付けて、周囲に針葉樹を植えていきます。うっそうとした針葉樹林に囲まれた境外塔頭・慈照寺銀閣。あ、境外塔頭っていうのは、隣接するループ線モジュールの山頂に寺があるので、それに属する寺院というコンセプトです。でも、山頂の寺からここにたどり着くのは大変そうですネ。道路もつながってないし。

8の字モジュール完成

さて、そんなこんなで細部の作りこみはまだなものの、何とか人前に晒すことができるレイアウトになりましたー。搬入日の朝9時前、完成。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2011/01/exhibition-layout2011-26.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。