駅モジュール延長部の作成(その12)・商店街

2010年12月30日 正午の月齢:24.8  月名:二十五日月  潮汐:長潮 月齢:24.8[二十五日月] 潮汐:長潮 | 7年前 | 旧暦:2010年11月25日 | 大安
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

金網量産化の目処が立ったので、本来の作業に戻りましょう。

駅モジュール延長部・商店街部分

最終的にこのような配置になりました。長屋の位置を変更して銭湯にしています。長屋の横には大家さんっぽい一戸建ての住宅を。裏庭も設けて長屋との格の違いを出しました。表札は「志村」の予定。

銭湯勝手口

銭湯はそのままでは無防備すぎて現実感がないので、裏の勝手口を塀で整えました。いつものようにもともとの土台は捨てて、プラ板で作りなおしています。

信号場モジュールとの親和性

信号場モジュールと並べるとこのようになります。電柱や放置自転車で裏通り感を演出させる予定。ドリフ長屋と銭湯の組み合わせは、ドリフ大爆笑「もしもこんな銭湯があったら」を連想させます。・・・いや、若い人にはわからんよね。

さて、低コストで量産ができそうな金網フェンス。

金網・設置前

140mmくらいだったらだいたい30分程度で作れました。これ1個に30分という時間は適正なのかどうかはさておき、個人的には納得している一品。色はとりあえず伊豆急ハワイアンブルーにしました。京阪ライトグリーンでも良かったかなとは思っていますけど。

金網・設置後

金網を設置すると、このような感じになりました。うむうむなかなかよいではないか。さて、あとは残り1/4の住宅街部分を作れば、駅モジュール延長部も一応完成です。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2010/12/station-extention_module12.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。